Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2018年12月31日月曜日


Blockchain & Bitcoin Evangelist(伝導師)

貴公子公式公開鍵
183jMZqaVEwkUzambQrYmVE9ZVB2phYpYa



米国公認会計士(ワシントン州)

     
 アラフォー技術系国際ビジネスマン(海外6年)
30過ぎで、フィリピンマニラでフリーター4年
 現在、某大手IT企業の技術系管理職
 米国公認会計士(ワシントン州)
 元アマチュア格闘家(空手、キック)
 英語力に少々自信あり(英検1級&TOEIC970)
 KO大学卒業後、転職6回
 北海道拓殖銀行の元行員(新卒4年勤務後に拓銀倒産)


  
1) 30過ぎで、月給3万円、マニラフリーター戦記(4年)!
不動の累計アクセス数No.1です。
→→→ 「マニラの熱い夜、衝撃の序章」は、これですので、御堪能下さい。(笑)

2) 休日返上で毎日15時間働きながら、40過ぎの完全独学で、USCPA試験突破!
2013年8月、3年間の完全独学の後、USCPA試験最終合格!
その3年間の激闘記です。(総勉強時間3000時間超!)
最終的な戦績は、本試験で、4勝10敗。
* 4連敗→1勝→6連敗→怒涛の3連勝!
→→ Live ! USCPA受験戦記! (記事数170以上)
    【総括】 USCPA試験!   (記事数18)

3) 軟派系私大、母校慶応を斬る! 返す刀で、グロービスも不動産屋も斬る!
*** 人気!査定シリーズ を独立させました。現在、記事10本。鋭意、増強中です。***

4) アマチュア格闘家として鳴らした(笑)、貴公子のキック引退試合。
→ 「38歳、キック引退試合」 の模様は、こちら


5) 英語に関する過去記事は、ここにアップしております。(全15記事)

一日、ワンクリックをお願いします ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

2018年4月21日土曜日

テレ朝女性記者の行動は、正しい!

テレ朝女性記者が、福田財務次官からセクハラを受けた事案ですが、「識者」と言われる人たちのコメントは、この女性記者に批判的です。

例えば、こんな感じです。
→ 舛添氏、テレ朝記者に「記者としての矜持はないのか」

>女性記者は何度も福田氏からセクハラを受け、この事実を報じることを相談したが、
>上司から「難しい」と伝えられ、週刊新潮に録音内容の一部を提供したという。
>舛添氏は「自局を使わずに週刊誌に匿名でネタを売る。それに、次官と2人きりで
>食事など論外だ」と指摘。「アメリカの女性記者のように、堂々とカミングアウトして
>告発したほうが世論に訴える。それが『戦う記者』の姿だ」とした。

この舛添のコメントですが、全く的外れです。
まず、この女性記者は、自局の上司に報告したが、「我慢しろ!」と言われて、止むに止まれず週刊誌に持ち込んだ訳です。
確かに、徹頭徹尾のジャーナリスト魂の持ち主なら、会社を辞めて、個人として、記者会見を開いて、告発するでしょう。
そして、それがある意味、正しいジャーナリストの姿でしょうが、この女性記者は、ジャーナリストと言うよりも、テレ朝社員のサラリーレディーです。
そこまで、求めるのは、酷と言うものです。

大体、この舛添と言う男は、もっともらしい事を言って、他人を批判するのが大好きだが、舛添自身は、「公金を横領して、漫画本を購入し、都知事を追われた犯罪者」です。
公金横領で、とっくに、塀の中に落ちていると思ったのに、偉そうに、他人の批判をする面の皮の厚さに呆れますねえ。。。
「中国なら、死刑になるところなのに、何を偉そうに。」と言うのが率直な感想です。

兎に角、テレ朝の女性記者は正しいと思う。
むしろ、セクハラを放置したテレ朝自体が問題です。
テレ朝が、セクハラを批判する資格はありませんねえ。。。

2018年4月19日木曜日

時代は大きく動いているのに、気づかない人が多すぎる!

20数年前に、今は亡き、北海道拓殖銀行の北海道地方都市の支店に新卒で配属された時の話です。
まあ、考えられないレベルのセクハラ、パワハラがはびこっておりました。

特に、酒の席でのオッサンたちのセクハラは、今となっては、犯罪レベルです。
それに、あの銀行は、大卒の新入社員男性と高卒の一般職女性を結婚させる事に会社を挙げて取り組んでおり、一般職の女性が会社以外の男性と付き合っている事が判明すると、あの会社は、「別れるか? 会社辞めるか?」を、当たり前の様に女性社員に迫っておりました。(まあ、パワハラ通り越して、人権侵害ですね。)

そう言えば、あの頃は、飲酒運転も当たり前の様に、皆、やっておりました。
例えば、金曜の夜の繁華街に行けば、スナック通りの前に、みんな自家用車を止めて、歌って飲んで、そして当たり前の様に、運転して帰って行ってました。
まあ、20数年で、これだけ社会環境は変わると言う事です。

そんでもって、財務省の福田次官です。



セクハラ被害者のテレ朝の女性記者が名乗り出たのに、相変わらず、「俺は悪くない。」と強弁しております。
最初は、「こいつ、性犯罪者だ。」と思っていたのですが、もしかしたら、「単なるバカなのかも知れない。」と思い始めております。
確かに、酒の席でのセクハラ発言は、20数年前には、あまりにも普通でした。
あの発言も、20数年前なら、全然、許容範囲です。(あの頃は、セクハラなんて言葉自体もそもそも無かったですし。)
それに、20数年前には、酒の席でトラブルがあっても、「酒の席の話だから。」で、誰も問題にすることは無かったです。

しかしながら、10数年前に、突然、飲酒運転に対する取り締まりが厳しくなった様に、セクハラやパワハラに対する社会の目も、非常に厳しくなっております。
そうした時代の流れの変化を、福田財務次官は、全く押さえておらず、20数年前の価値観を、そのまま引きずっております。
この意味で、時代の変化に対応できていないですね。
イコール、バカと言って良いのではないか?

============
さて、貴公子は、最近、会社の呑み会には一切、顔を出しておりません。
帰宅後も色々と忙しいとの言うのもあるけど、それと同時に、会社の不特定多数の人が集まる席では、話す話題がないので、行く気にならないと言うのもあります。

今の時代、呑み会の席で、隣に座った若い同僚女性に対して、「彼氏いるの?」とか聞いただけでも、セクハラになる時代だし、若手男子に、「お前のこういう部分は良くない。」と言っただけで、パワハラで大騒ぎになる時代です。
一方、会社の同僚と哲学や思想について話すなんてことも、有り得ません。

そうなると、酒の席で話題にできるのは、精々、家族の話(最近は、男女問わず独身主義者が多数いるので、これはこれで難しい。)か、趣味の話(趣味が合う人と言うのも珍しいので、話が合わない事が多い。)位しかない訳だが、そんな話をわざわざ会社の同僚としたくはないですなあ。。。
そうなると、会社の呑み会での話題とは、純粋な仕事の話くらいしか、物理的に有り得ませんなあ。。。

ただ、純粋な仕事の話なら、会議室や精々、スタバか何かでやれば良いので、わざわざ、飲み会で議論する意味を見出せません。
勿論、気心の知れた人と、話し込むような呑み会なら、今でも貴公子は喜んで参加したいが、そんな飲み会は、数カ月に1回も有れば良い方なので、必然的に、呑み会の回数は激減しております。

その意味でも、酒の席に、女性を呼び出して、セクハラ発言をしまくる福田財務次官と言う男は、完全に時代遅れです。
10年前どころか、20年前の思考ですなあ。。。。
この男は、恐らく、死ぬほど、若い時から働いて、やっと次官になった筈なのに、晩節を汚しましたなあ。。。。
何度も言うが、時代の流れに乗れないバカであったと思う。

2018年4月18日水曜日

性犯罪者、福田事務次官の傲慢さと狡猾さに、反吐が出る!

「盗人猛々しい。」とは、昔から言うが、性犯罪者の分際で、ここまで傲慢な輩というのも、誠に珍しい。
福田財務次官の話です。


昨日までは、「俺は悪くない。被害者は名乗り出ろ!」と高圧的にシャウトしていたのに、状況が不利となると、いきなり辞任すると言う、誠に計算高い、子ギツネですなあ。

「名乗り出ろ!」も、そんな事ができないは分かっているのに、公正性を装って、あえてアナウンスしており、誠に悪質だ。
会社の社員集会で、上司が、「俺のやり方に不満があるなら、今この場で、申し出ろ!」と言っているのと同じで、名乗り出る訳ないじゃん。

さて、このバカ話ですが、ここで終わらせてはダメですね。
偽証、捏造をした佐川国税庁長官は、国家反逆罪で死刑とすべきだし、「性犯罪者」であるばかりではなく、恫喝で証拠隠滅しようとした福田次官は、脅迫罪および権力乱用罪で、塀の内側に落とすべきです。

「死者に鞭打つ」のは勿論、良くないが、この2人は、単なる「敵前逃亡犯」です。
徹底的に追いつめて、処断すべきだ!

2018年4月17日火曜日

性犯罪者のトップを守る為に、国民を恫喝をする財務省に暴対法を適用せよ!

さて、偽証&捏造、隠蔽に加え、トップが性犯罪者と言う、犯罪集団の財務省ですが、今度は、被害者を恫喝をしてますね。
曰く、「被害者は、出てこい!」との事です。
→ 財務省、事務次官のセクハラ問題で報道陣に協力要請 「女性記者は連絡を」 (1/3)

さて、それに輪をかけて情けないのが、下記の発言です。

>【3、普段から音声データのような発言をしているのか】
>お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客をしているお店に行き、
>お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。また、仲間内の会話で、
>相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。
>しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・
>ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。

あのさあ、60のジジイが、ホステス相手に、バカ話しますかねえ。。。
そう言う事は、精々、30代までですよ。
マトモな大人は、ホステス相手に、「言葉遊びを楽しむ」ことはしません。
それに、一応、立場と言うモノものがあるでしょう。

まあ、福田財務次官は、屑を通り越して、性犯罪者だし、ましてや、それが組織のトップな訳で、組織としても、偽証、捏造、隠蔽はするし、まあヤクザ顔負けですなあ。。。
財務省に、暴対法を適用し、組織を叩き潰すべきだ!

2018年4月15日日曜日

財務省は、変質者集団か!

さて、週刊新潮で暴露された「性犯罪者」の福田淳一財務事務次官ですが、このオヤジ共々、財務省の小役人共は、少し頭が弱いのではないでしょうか?
この記事です。
→ 福田淳一財務省事務次官の女性記者に対するセクハラが報道 関係者から擁護する声も

>「風貌から、若手職員の間では『ゴリラーマン』と呼ばれています。普段から
>下ネタは多いですが、小学生が『うんこ』『ちんこ』などと言って喜んでいるの
>と同じで害はない。陰湿なセクハラというより、明るい下ネタオヤジのイメージです。>仕事はできるし、人望もあるので、更迭となれば残念です」(財務省中堅職員)

あのさあ。
いい歳したオヤジで、社会的にそこそこの地位にいる人間が、「明るい下ネタオヤジ」であるという事自体が、情けないんだよ。

麻生財務大臣なんかは、「今の時代の価値観ではセクハラだ。」とか言っておりますが、下らない発言です。
こんなの間違いなく、昔から完全にセクハラですよ。
それに、録音を聞く限り、相手女性は、「そういう発言、止めて下さい。」と何度も言っている訳で、そこを畳みかける福田は、性的変質者を通り越して、「性犯罪者」です。

>「国家公務員試験に5番で合格し、東大在学中に司法試験にも受かった大秀才ですよ。>早くから、同期の中で次官候補と目されていました。
>でも、本人は決してひけらかさない。『入省時の順位なんてどうでもいい』
>『そんな話は人にするものじゃない』と言っていましたね」(財務省OB)

財務省の小役人共も、この期に及んで、公務員試験の順位の話なんてするな!
いい歳したオッサン共が、20代前半の試験の成績を自慢しあっている訳で、何か非常にバカっぽい。
もしかしたら、全員、変質者か!

貴公子は、やはり格闘家です!

娘に、格闘術を習わせようと、適当な道場を、しばらく探しておりました。
まだ幼児なので、当たり前ですが、「最強を目指す為のジム」ではなく、「子供が楽しめる様なカルチャーセンター」を探しておりました。

あまり細かく書くと、身バレしますので、多少ぼかしますが、少し自宅から離れた場所で、「親子で格闘技」みたいな講座を開いているジムがあり、本日、娘と一緒に体験レッスンを受講してきました。

格闘技は、護身術と言う以上に、Self-Confidenceを高めるのに有用だと思うし、礼儀や肉体的な痛みを通して、他人に対する優しさも持てる様になるので、娘にとっては、重要な教育だと思います。
娘は、しぶしぶな感じですが、無理やりにでも、数年はやらさせます。笑

さて、貴公子は、フルコンタクト空手とキックボクシングを長く経験しており、「経験豊富な格闘家」と自負しておりますが、何せ引退して10年近く経つし、年も年なので、ちょっと不安でした。
しかし、全体練習の段階で、指導員から、「昔、かなりやり込んでいたんじゃないですか?」と言われて、とても嬉しかったですね。笑
また、練習が終わった時に、「娘さんよりもパパが張り切ってましたね。」と指導員に言われてしまいましたね。大笑

と言う訳で、娘と一緒に、貴公子も頑張ります。
やはり、格闘技には中毒性がありますね。
同じジムで平日夜に、「選手クラス」が開講されているので、別途、そっちにも顔を出すかも知れません。

貴公子は、やはり格闘家です!

2018年4月14日土曜日

レベルが低過ぎる!

正に、国家存亡の時ですなあ。。。

外に強敵(米国との貿易戦争再燃、朝鮮半島問題、中国&ロシアとの緊張関係)、内に奸臣(お友達に便宜を図り、国有財産を私物化する政権連中と、それに媚びる小役人共)と、正に、国家機能停止状態となっております。

こんな状態であるのに、財務省トップのこのバカ記事です。
→ 財務次官セクハラ疑惑で週刊新潮が音声データを公開「予算通ったら浮気するか?」

尚、音声ファイルはこちら。
【週刊新潮】“胸触っていい?”「財務省トップ」のセクハラ音声

因みに、先の産経の記事によれば、あの麻生大臣は、相変わらず、必死にかばっております。→ これはこれで、輪をかけてバカっぽい。

>今週発売の「週刊新潮」は福田氏が複数の女性記者に対してセクハラ発言をして
>いたと報じた。麻生氏は報道の内容について「あの種の話は今の時代、明らかに
>セクハラといわれる対象だ」と明言した。
>一方で「週刊誌の話がすべて事実に適合したということは言えない」と指摘。
>さらに福田氏について「長い間の実績を踏まえれば、あの一点をもって能力に
>欠けるという判断をしているわけではない」とした。

何と表現すればよかいかなあ。。。
呑み会での、こういうふざけた発言と言うのは、30代前半の調子に乗ったガキがやるのなら兎も角、60歳過ぎのオッサンは、普通はやらない。
ましてや、この「国家存亡の時期」のその当事者本人である訳であり、あまりにも異常!

その意味で、福田淳一財務事務次官と言うのは、マトモな大人ではないですね。。。
そして、この期に及んで、これを「必死に擁護」しようとする麻生財務大臣の感覚も、理解しがたいですね。

それにしても、どれだけ、精神がイカれると、この福田次官の様な、品性下劣なオッサンが生まれるのか? に非常に興味があります。
酒で、自制が効かなくなるタイプなのかもしれないが、如何せん、ここまで下劣になれるのは、殆ど、精神病の世界です。
何度でも言うが、30代前半の調子に乗ったガキではなく、60歳過ぎの財務省トップですからねえ。。。。
ましてやこの時期に。。。

この国に何かに期待する事自体が、非常にバカらしくも思えてきました。
ここまで、急速に、幼児化&劣化する国家も、珍しいのではないか???
正に、国家崩壊の危機だと思う。

2018年4月11日水曜日

恐ろしい程、ストレスフリーな生活を楽しむ!

「なぜ、苦しい勉強をして、教養を身に着ける必要があるのか?」と、予備校時代に教師から問われたことがあります。
指名された学生は、「立派な人物となる為。」とか「高収入を得るための準備。」とか、そんな良くある回答をしておりました。
貴公子も、指名されたら、多分、同じように回答していたでしょう。。。。。

その教師が言いました。
「違う!」と。
曰く、「私は、あなた方にストレスを極力、感じずに生きてもらいたいと思っている。教養を身に着ける事によって、これから人生で遭遇するすべての事に対して、余裕を持って対処できる様になる。だから、大学に入学しても、哲学や思想を学んで、ストレスへの耐性を付けてもらいたい。」

当時は、その教師が言っている意味が分からなかったですね。
確かに、大学入学以降、社会人になっても、大量の読書を続けました。
そして、知識が豊富になるにつれ、「こんなのは間違っている。」みたいな思いだけが強くなり、むしろ、ストレスは増大しましたね。笑
その意味で、あの教師の言っていたことは、貴公子には通用しかったし、むしろ恨みましたね。(余計な事を聞いたせいで、逆にストレスが増えたと。)

ただ、先日、会社の同世代の人から、「貴公子さんは、マイペースですよね。」と言われましたが、この言葉、とても嬉しかったです。
まあ、自分でも「ストレスなく、生きていく。」と言う事が実現出来てきたと最近は、思い始めていた矢先でした。

20代の時は、職場で、「過激派」とか「トラブルメーカー」と言われ、30代半ばから勤務していた前職では、「炎」とか「爆弾」とか言われておりました。
若い時は、それ位、会社に入り込んでおりました。
その心は、「俺がこの会社を救ってやる。」とか「俺が、変えてやるんだ。」みたいな選民思想です。
正直に告白すれば、深層意識には、「俺は普通のサラリーマンではない。」とか「俺は、特別なんだ。」と言う思いがあった事は否めない。
自分を特別視することで、プライドが満たせた面もあったし、そういう「仕事への姿勢」が、上司から高く評価されたことも一度や二度ではありませんでした。
ただ、同時に、周囲からは、引かれる事もあり、とても疲れたのも事実です。

最近は、そういう「強い想い」が、消えました。
まず、仕事は、アサインされた業務を淡々とこなせば良いと思っております。
まあ、IT技術の事が好きだから、その好きの想いを、会社で発散しようとするのではなく、ネットでシステム開発を受注すれば良いわけです。

また、完璧な会社なんてないと言う意味において、今の会社にも、当然、改善点はあると思うけど、それを「御親切にも積極的に指摘する義務」は、貴公子にはないと言う事に、やっと最近、気が付きました。
まあ、貴公子に、「職場の雰囲気改善」とか「業務改善」の先導役を期待したいなら、最低でも、「役員レベル」に早急に昇格させるべきであり、そうでないならば、貴重な意見を、「御親切に披露する義務」はありません。

心境の変化ですね。
ただ、この変化により、ストレスがほぼ消えました。
「俺が変えてやる!」みたいな変な自意識に強く捕らわれていた、20代とか30代を少々、悔やみます。
淡々と生きる事で、最近は、周囲に人も集まってくる様になってきたと思っております。
正に、良いことづくめです。

もっと言えば、貴方の会社にいる「仕事人間」は、実は、単に家庭に居場所がなかったり、他にやる事がないから、「仕事に逃げている」のではないのか?
最近は、こうまで、思います。

2018年4月8日日曜日

なぜ、藤井6段は強いのか?

なぜ、高校生棋士の藤井プロが、圧倒的に強いのか?
日本のマスコミは、すぐに、「天才だ!」とか煽って、そこで思考停止するが、そんな単純な話ではありませんなあ。。。

まず、この世に天才なんかいない訳で、貴公子から見れば、藤井プロは、非常に「効率的な努力」をしております。

例えば、貴公子が趣味とするポーカーでは、現在の世界ランキングは、オンライン出身のプレーヤーでほぼ独占されております。
ランキングは、公式サイトから確認できます。→ World Series of Pokers

インターネット以前の時代では、例えば、「ラスベガスで20年のキャリアがある。」と言うのが、非常に経験豊富なプロの証明でした。
ただ、実社会では、1ゲームの消化に意外と時間が掛かります。
カードを実際に配り、チップを実際にベットして、そのチップをDealerが数えて、と言う処理が掛かります。
そもそも、実際に、自宅からラスベガスのカジノまで、「出勤」しないといけない訳で、その往復移動時間は、膨大となります。

一方で、ネットなら、いつでもどこでも、カジノに「出勤」できるし、カード配布やbetも一瞬で済むどころか、複数のテーブルに同時に参加できます。
プロは、大型モニターをPCに接続して、同時に10テーブルとか20テーブルに、「参加」するのが、普通の様です。

そうであるので、「ラスベガス歴20年」のオッサンが、過去の人生でこなしたゲーム数を、ネット世代は、半年も掛からずにこなしてしまいます。
また、ネットでは、ゲームの経過がすべて記録されるので、後から、振り返る際もとても便利で、最近は、そこにAIも加わり、「あなたの弱点」みたいな事を、AIが自動的に指摘してくれます。

藤井プロも、ネット世代です。
従って、ネットを駆使して、相当な「場数」を踏んでいる筈です。
「だから、藤井プロは強い!」と言うのが、合理的な結論です。
決して、「天才」ではないと思う。
繰り返しになるが、何でもかんでも、「天才」で片づけるのは、失礼だと思う。

さて、貴公子が勉強しているプログラミングですが、昔、開成高校生が、「3カ月で、5言語をマスターした。」として、IT雑誌に出たときに、「さすが天才だ!」と思いました。
しかし、ネットを駆使すれば、「3カ月で10か国語でもマスターできるのでは?」と最近は感じております。
兎に角、どんどんと情報を得られるし、しかも時間も場所も関係ないと言うのは、圧倒的に強いです。
プログラミング学校に行くことは、勉強の最初期には必要かもしれませんが、ある程度、理解したら、後はネットでいくらでも広げていけます。
ネット、恐るべしです!

=========
さて、そう言えば、週末、テレビのリモコンが動作しなくなったので、「壊れたのか?」と思ったのですが、リモコンのモデル名で検索して、一瞬にして直し方を検索し、瞬間的に直しました。→ http://visualshoxxx.com/17648.html
まあ、ネットは、凄いです。
後は、どれだけ、「効率的に使いこなすか?」がポイントですね。