貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

2017年12月31日日曜日


”哀しみの貴公子”改め、”哀愁の貴公子”



 アラフォー技術系国際ビジネスマン(海外6年)
30過ぎで、フィリピンマニラでフリーター4年
 現在、某大手IT企業の技術系管理職
 米国公認会計士(ワシントン州)
 元アマチュア格闘家(空手、キック)
 英語力に少々自信あり(英検1級&TOEIC970)
 KO大学卒業後、転職6回
 北海道拓殖銀行の元行員(新卒4年勤務後に拓銀倒産)


  
1) 30過ぎで、月給3万円、マニラフリーター戦記(4年)!
不動の累計アクセス数No.1です。
→→→ 「マニラの熱い夜、衝撃の序章」は、これですので、御堪能下さい。(笑)

2) 休日返上で毎日15時間働きながら、40過ぎの完全独学で、USCPA試験突破!
2013年8月、3年間の完全独学の後、USCPA試験最終合格!
その3年間の激闘記です。(総勉強時間3000時間超!)
最終的な戦績は、本試験で、4勝10敗。
* 4連敗→1勝→6連敗→怒涛の3連勝!
→→ Live ! USCPA受験戦記! (記事数170以上)
    【総括】 USCPA試験!   (記事数18)

3) 軟派系私大、母校慶応を斬る! 返す刀で、グロービスも不動産屋も斬る!
*** 人気!査定シリーズ を独立させました。現在、記事7本。鋭意、増強中です。***

4) アマチュア格闘家として鳴らした(笑)、貴公子のキック引退試合。
→ 「38歳、キック引退試合」 の模様は、こちら


5) 英語に関する過去記事は、ここにアップしております。(全15記事)

一日、ワンクリックをお願いします ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

2017年4月26日水曜日

東芝の逆ギレを楽しむ!

本日は、米国公認会計士の端くれとして記載します。

まずは、日経記事です。
→ 東芝、監査法人変更へ 本決算巡りあらたと溝
>東芝が決算の会計監査を担当しているPwCあらた監査法人を変更する方針を固めた。
>米原子力子会社の過去の会計処理などを巡り意見が対立し、2016年4~12月期決算
>は監査法人による「適正」との意見を得られなかった。
>(中略)上場廃止を避けるため、あらたを変更し適正意見の獲得を目指す。
>後任は利害関係のない準大手の監査法人で調整している。

適正意見が現監査法人から貰えないから、東芝は監査法人を変えるとの事です。

こちらは、東芝問題に異様な執念を持って、報道を続ける現代ビジネスの記事です。
>東芝は、自分たちは監査法人から求められるがままのことを実行しているのに、
>彼らがどういうわけか決算を認めてくれないという主張を繰り出したわけです。
>続けて綱川社長は会社の経営状況について『実質的には十分な財務的基盤を保持
>している』と堂々と語り始め、その資金繰り改善のために『役員の報酬返上、
>役職者の給与減額、諸手当・日当などの削減といった施策を実施して
>まいりました』と主張。
>年収カットを受け入れていると強調することで、自分たちがまるで被害者で
>あるかのようにアピールし出した

確かに、「逆ギレ」ですね。
やっぱり、この位、ふざけないと、このバカ話は面白くありません。
いい感じに、なって来ましたねえ。。。

さて、適正意見が欲しいなら、「準大手の監査法人」なんて中途半端なところで探さないで、超零細監査法人である(笑)、「貴公子監査法人」を御利用ください。
たった30秒の超高速Reviewで、意見表明します。(世界最速Reviewが売りです。)

また、監査費用は、その辺の監査法人みたいに、一人日あたり、〇十万円なんて言う「貪欲」な事は言いません。
今なら、キャンペーン中なので、ジョッキ一杯で引き受けます。

安くて手軽の一方で、超精密監査ですから、世界のどんな組織や機関からの突っ込みにも耐え得ります。
どうぞ、「お気軽に」ご相談ください。

2017年4月24日月曜日

高速道路の自動運転機能が欲しい。

週末日曜日は、富士山裾野の本栖湖芝桜祭りに行ってきました。


3分咲き位でしたが、芝桜も綺麗でした。
ただ、富士山はこうして見ると本当に美しいですね。

さてと、子供連れなので、早めに帰路につこうと思い、15時前には会場を出て、東京に向かって寄りも道もせずに運転を始めました。
しかし、またもや中央道の談合坂SA付近で、まともに渋滞に捕まりました。
あのエリアはいつも渋滞している印象がありますねえ。。。

結局、帰路は6時間近く掛かりました。
あ~疲れた。

自動運転技術は日進月歩で進化しているが、高速道路だけでも良いから、完全自動運転を実現してほしい。
日曜日の例では、行きと帰りで9時間近く運転していたが、高速を走っていた時間だけで7時間はあります。兎に角、ここを自動化して欲しい。
そうすれば、高速運転中は寝ていたり、本を読んでれば良いので、時間が有効に使えますねえ。。。
PCを使って、仕事をしても良いですねえ。。。

市街地での完全自動運転実現は、まだ時間が掛かる様だが、高速道路だけなら、今でもほぼほぼ実現できている様なのだから、こっちを先に実現してほしいなあ。。。

2017年4月23日日曜日

経済犯収容所を創設すべきだ!

てるみくらぶリアル被害者の貴公子です。

さて、朝日新聞の記事です。→ てるみくらぶ被害者の会結成 国の責任問う声も
>旅行代金の多くが弁済されない見通しで、てるみくらぶ側に損害賠償を請求したり、
>代金の弁済制度の不備を国に訴えたりする活動を検討中だ。ツイッターで情報を
>発信し、ほかの利用者に活動への参加を呼びかけていく。

とうとう、被害者の会が結成されましたねえ。
リアル被害者の貴公子(家族全員分のグアム旅行現金払い後、発券前に倒産)も、怒り心頭ですので、「被害者の会」の設立をありがとうございます。
貴公子も是非、参加させて頂きたいと思います。

これが、被害者証明書です。笑
ただ、下記には賛同できません。
>被害者の会に参加する都内の会社員男性(29)は「(弁済額に上限があって)
>『法で守られない』と突っぱねられるのは、納得できない。
>見抜けなかった国の責任もあるのでは」と訴えた。

こんな事まで、国家の管理責任を問うのだったら、企業活動の主体性などなくなります。
「騙された我々もバカだった!」と貴公子も含めた被害者自身も反省することが、まずは必要です。
その上で、「ふざけるな、詐欺師!」と怒り狂うのが、「正しい被害者の姿」だと思う。

上記記事にも書いてある様に、裁判を起こしてもカネは戻りません。
だから、カネを回収するのは諦めましょう!

但し、てるみの社長には、当然ながら、償ってもらいたいと思う。
2週間前の記事ですが、ここに書いた通りです。
→ 経営者天国の日本!
てるみの山田社長に限らず、粉飾決算をした輩は、悉く経済犯収容所にぶち込んで、強制労働に生涯、従事させて、債権者に弁済させるべきだと言うのが、貴公子の主張です。

そもそも、我が国は、経済犯に甘すぎます。
「ほりえもん」もいつの間にか、出所して、経済人ぶってテレビで偉そうにのたまっているし、我が国はかなり変です。
経済犯と言うのは、中国でも韓国でも殺人罪に匹敵する重罪なのに、我が国の司法は、「ヘラヘラ笑っているだけ」で、何もしません。
我が国は、詐欺師天国です。

国家に求めるのは、被害者補償ではなく、収容所創設であると思っている。
「てるみ社長を収容所に送り込んで何のメリットがあるんだ?」とかを、言う人は多いのであろうが、「メリットはある!」と言い切る。
少なくとも、我々被害者の気晴らしにはなる訳で、これは重要な事だと思う。

2017年4月22日土曜日

やりたい事がある!

Facebookの創業者、Mark Zuckerbergの半生を描いた、the Facebook effectを夢中になって読んでおります。


”To me a business is a good vehicle for getting stuff done." と言う、Markの言葉が紹介されております。
良い言葉ですね。

Businessの目的と言うのは今まで沢山、聞いてきました。
「生活の糧を得る為。」、「カネ儲けの為。」、「株主の利益を最大化する為。」、「自己実現の為。」、「稼いで納税を通して、国家に奉仕する為。」等々です。
だが、どの言葉も、しっくり来なかったです。

もっと大きな目的がビジネス自体にあるのではないか? とここ数年、ずっと思ってきましたが、上記の言葉が正に、貴公子にとっての解です。
やっと、自分の中で、明確に定義できたと思っております。

今現在、2つの破壊的なITソリューションを考案しております。
1つ目は、社内説得は成功したので、実行まではできるでしょう。
ただ、それが世の中に受け入れらるか否か。
もう一つは、まだ自分の中で構想を温めているだけですが、こっちはもっと破壊的です。

両ソリューションとも、ITの力で、世の中をもっと快適に、そして社会的な公平を実現できるキラーソリューションだと思っております。
自己のカネ儲けの為ではなく、世界をもっと公正にするものだと思っております。

両ソリューションを自己評価すると、ユーザー企業には、一切のマイナス点がありませんが、既得権益層は、瞬間的に吹っ飛ぶ様なソリューションであると思っております。
その意味で、破壊的でビジネスの進め方が大きく変わる可能性を秘めていると思っております。

1つ目のソリューションは、5月中にプレスリリースをしたいし、2つ目のソリューションは、秋頃が目途でしょうね。
某大手IT企業からの近々、凄いソリューションが発表されたら、それは貴公子の発案です。
まあ、「既得権益層を打倒したい。」と言うのが、ある意味、最近の貴公子の原動力になっているとは思います。笑

「ビジネスは、目的を達成するためのツールである。」との言葉は、重く受け止めます。