Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2012年11月30日金曜日

【USCPA】 真夜中の更新!

何だか眠れないので、ブログ更新します。。。。

まあ、昨日受験したBECの結果は分かりませんが、2月のREG受験を目指して、明日から勉強を再開することとしました。
BECは結果待ちの状態ですが、74点でFailしたAUDは、もう一押しのレベルまで来ている筈です。
そう考えると、現時点で、知識ゼロなのは、REG科目だけですね。

FARのExpireの関係もあるし、少なくとも、REGの知識レベルを、早急に少しでも上げておく事が必要でしょうね。
2013年の前半には確実に、全科目を合格しておきたいので、知識ゼロのREGを、放置しておくのは良くないと、今更ながら気がつきました。(ちょっと、気づきが遅いですよね。笑)
兎に角、REGは来年2月下旬受験とします。
明日から、また勉強再開とします。

ところで、大学受験生Dさんへの回答が遅れており、すいません。
現在、長文を作成中ですので、もうちょっと待ってね。(笑)
タイトルは、「早慶を査定する! ~ ビジネスマンから見る早慶卒業生への期待値」です。
請う、ご期待。

2012年11月28日水曜日

(USCPA) BEC試験終了。そして、AUD結果。

本日、BEC試験終了しました。
今、帰宅して、NASBAのサイトにアクセスしております。

昨日から、アクセス数が急増しているのは、貴公子のAUD結果に、皆様が興味津々だからだと思います。
まあ、2週間前に受験したAUDの結果は、先週末位に、来ている事は予想しておりましたが、BEC試験前なので、あえてチェックしませんでした。

と言う訳で、今、AUDの点数を確認しました。
結果は、74点で、FAIL。
あと、1点でした。
本当に悔しいです。。。。。
ただ、残り1点が大変なのは、皆さん、知っての通りですので、もう一押しから二押し位、足りなかったのでしょう。
まあ、2ヶ月間の勉強で、あと1点の所まで持って行ったのだから、まあ、良しとします。。。。
しかし、本当に、貴公子の人生は、カッコよく行きませんねえ。。。
BECは、8月受験で2点差でFAIL。
AUDは、11月受験で1点差でFAILと、僅差での敗北が続いており、心が折れそうです。(笑)

今日のBECの試験は、よく分かりません。
MCの第一セットが、Very Difficultに感じましたねえ。。。。(そんな事、あり得ない筈ですが。)
計算が複雑だし、細かい部分を突いてきましたし、どの問題も長かった。。。。
第2セットは、あれはNormalセットでしょうね。
第3セットは、Difficultでしょうね。
従って、MCのセットは、普通→普通→難の筈です。
(しかし、第一セットは、あれは絶対に難だと思います。そんなことあるんですかねえ???? )
第一セットに50分。第二セットで、40分。第三セットに45分で、残り45分で、WCに突入しました。
第一セットでは、3~4題が良く分からなかった。
第2セットと、第3セットでは、それぞれ1~2題を除き、自信を持って回答したつもりです。

一方、Written Communicationは普通に書けました。
突飛な事を聞いてくる訳でもなかったので、淡々と回答しました。
一応、WCの3題は、すべて埋めました。

まあ、今回、AUDとBECを合格して、残りREGだけにして、2月受験に突入したかったのですが、
本当に残念です。。。。
BECは、勿論、受かって欲しいとは思いますが(←これがまた油断できないのですがねえ。地味に怖がっております。)、結果は神のみぞ知るです。

兎に角、BECの結果が出るまではゆっくりします。
その後、2月は、REGを受験します。
AUDは、本当に残念でした。← 誰か励ましてください。(笑)

2012年11月26日月曜日

(USCPA) BEC受験、直前です!


BEC受験の直前です。
先週末の3連休は、まあ、よく勉強しました。
3日間だけで、40時間以上、BECの勉強をした筈です。
今月上旬のAUD受験後の2週間で、BECだけで、軽く100時間以上は勉強しました。
69点⇒69点⇒73点と来ているので、いい加減、PASSすべき時期ですなあ。。。

まあ、十分、勉強しましたね。
これ以上は、激務をしながら、無理ですなあ。。。。。
我ながら、よく頑張ったと思う。

兎に角、後、丸一日以上あります。
Written Communication対策を中心に最後の詰めに入ります。

2012年11月20日火曜日

【週刊貴公子】 野田民主党よ! 脱世襲を、選挙の争点とせよ!

自民党は世襲党と党名を変えよ!の貴公子が、10月にアップした記事は人気ありますね。

あの記事の後も、自民党の貴族化は、止まる所を知りません。(笑)

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121120-OYT1T00396.htm?from=main6
>衆院広島4区の大票田、広島県東広島市の公民館で18日、今期限りで衆院議員を引退した
>自民党元幹事長の中川秀直氏が、地盤を引き継ぐ次男の俊直氏を支持者らに紹介した。
>42歳。父の議員秘書を務めた。
(中略)
>2009年衆院選で自民党は、党改革をアピールするため、3親等以内を後継にしない世襲制限>を定めた公約を掲げていた。党内の反対を押し切って公約明記を訴えたのが、秀直氏だった。

と言う訳で、広島4区も、「パパが偉い政治家」という、「正しい血脈」を持った、甘えん坊のお子様が、後を継ぐそうです。
さすが、自民党!!!!
(この俊直氏に、男としての気概が、多少でもあるならば、意地でも別の選挙区から出る筈ですけど、まあ無理な要求ですよねえ。だって、「パパ大好き、尊敬する人はパパ」の甘えん坊くんだもんねえ。。。)

それに比べて、民主党は立派だ。
自民党みないな屁理屈をこね回さずに、きちんと世襲を否定している。

野田首相は18日、首相公邸前で記者団に対し、引退議員の世襲について「(民主党は)
>脱世襲は貫徹する。例外は作らない」と述べ、来月の衆院選では民主党として世襲候補を認め>ない方針を明言した。

民主党の野田佳彦党首よ!
この一点に絞り、来る衆院選の争点とすべきだ。
甘ったれた、お子様政治家には、私を含めた大衆は、本当にうんざりなのだ!!!

2012年11月15日木曜日

【ITの仕事】 韓国SeoulでのMulti-National環境下でのNW設定。

USCPAのAUDの試験が、11/13(火)に終了しましたが、息つく間もなく、水曜日は、朝5時起きで、羽田空港経由で、韓国ソウルのProject Officeにやって参りました。
昼過ぎに、空港からOfficeに直行しましたが、そこから、正に地獄絵図でした。

数ヶ月間、スケジュールから遅れているIT環境構築ですが、何が問題かと言うと、誰も正しく、Network環境を把握していないと言うのが主因かと思いました。
RouterもWindows2008 Serverも、ダンボールに入ったままだったし。(笑)

と言う訳で、まず、関係者(韓国人、日本人、客先の南米某国のクライアント)へのヒヤリングを、Office内と、国際電話を掛けまくり行いました。
結果、水曜日は、深夜12時過ぎで、働きずめ。(夕飯を食べるのを忘れた!)
本日木曜日は、開梱から始めて、Cisco RouterとWindows2008サーバの設定を、一人で行いました。

IT技術者なら、知っていると思いますが、Cisco Routerは、思想がちょっと特殊で、Cisco Router専任の技術者でもないと、サクサクと設定が出来ません。
まあ、お約束どおりに、貴公子もハマリました。(笑)
(貴公子はIT技術全般に造詣のある技術者、医者で言うところの一般医(専門医ではなく)を目指しているので、まあ、止むを得ないですね。)

色々なところで、ハマリましたが、一番大きな躓きが、「Cisco Router上でDHCP設定をする時は、
アサインするIP Addressの設定等を行った後で、"router(config)#service dhcp"コマンドを投入する必要がある。」と言う基本を、すっかり忘れていたと言う、しょうがないヘマ。

詳細は、このサイトに記載されております。
→ http://www.infraexpert.com/study/dhcp1.htm

この技術問題は、3時間の苦闘の末に解決しましたが、辛かったなあ。。。
Routing設定とか、Interface設定とかを全部、見直したもんなあ。。。。

さてと、今、ソウルは、夜9時過ぎですが、南米は朝8時です。
これから、電話Meetingです。
英語ですよ。スペイン語ではないですよ。(笑)
もうちょっと、頑張ります。
今日は、予定では最後のソウルの夜ですので、呑みに行きたいけど、無理だろうなあ。。。。

2012年11月14日水曜日

(USCPA) AUD@東京受験終了。 

昨日(11/13、火曜日)に、AUD@東京受験を完了しました。

14時のアポでしたが、13時前に会場到着し、すぐに開始の運びとなりました。

試験前日位から、物凄い勢いで、詰め込んで、試験の直前まで、最終整理と称して、暗記に励んでおりましたので、まあ、本当に疲れました。

で、肝心の試験ですが、Section1は、ゆっくり解いた事もあり、完了に45分。
Section2は、当然、エスカレーションして、難化すると思ったのですが、あれはどう見ても、難易度が普通のNormalセットでしたねえ。ショック。。。。
と言う訳で、ちょっと当惑しながらも、何とかモチベーションを維持しつつ回答した。
ここも回答に45分、掛かった。
Section1では、30問のMC中に、自信の持てない回答が、4~5題はありましたねえ。
Section2の30問では、同じく、回答に戸惑うのが2題程度ありました。
と言う訳で、90分が経過した時点で、5分の休憩を入れて、その後、Section3に移動。
Section 3は、難化した様な気がした。
したがって、MCのセットでは、Normal→Normal→Difficultであったと思う。

Section3の回答には、55分掛かって、結局、残り90分で、Section4のSimulationに突入。
AUDのSimulationは、FAR等に比べて、そんなに厄介だとは思いません。
基本的に、選択肢から、選ぶMultiple Choiceに近いとは思いますが、一題だけ、複雑な計算が絡みながらも、問題文の意味が取れにくい、変な問題がありました。(笑)
「これがDummyだろうなあ。」とか思いながらも、この問題一つで、30分掛けて、回答。
一方、Seachの問題は、2分で完了しました。(あれでいい筈です。)
結局、Section4の7題を、80分で回答し、残り10分を見直しに使っている間に、試験終了となりました。

と言う風に書くと、如何にも上手く行ったようですが、Section3でのMC難化が、「難しくなったよねえ。」位の感じで、明確に難化していなかったので、ちょっと不安。
Section4は、それなりに出来た気ではあります。

まあ、「90点確実でしょう!」みたいなFARの様な感じにはなっておりません。
全く当てにならない事には、定評のある、貴公子恒例の試験感ですが(笑)、
70点後半から80点位で、PASSできた様な気がします。

兎に角、AUDは、合格したと仮定して、月末のBECの準備に掛かります。
それと、これから、羽田空港に行き、ソウルに出張に行ってきます!

(追記: 朝8時半、羽田空港にて、鋭い眼光で、空を見上げる貴公子の絵)

 

2012年11月12日月曜日

(USCAP) AUDは、火曜日受験です。

まあ、「あれもやっておきたかった。」とか、「あそこは、もっと深めて理解すべきだった。」とか、
色々とありますが、明日、月曜日は、普通に会社に出勤し、普通に激務だし(笑)、もう時間も
ありません。
と言う訳で、最後の総復習に向かうべき時期ですね。
(これ以上、新しい問題を解いたりするのは、止めにしようと思います。)

まあ、ここ2ヶ月位は、AUDに集中して、よく勉強しました。
これ以上の勉強は、激務をしながら、無理でしたね。
頭が切れるとは自分で思っておりませんが、こうした継続する根性だけは、自画自賛したい。

さすがに、2ヶ月しか勉強していないので、FAR直前の様な、完璧感はないのですが、今、BISKの巻末についている模擬テストをやったら、結構できたので、いけそうな気もしております。
兎に角、後、丸一日ありますので、あと10時間は勉強します!!!

ところで、AUDを火曜日に受験した後は、水曜日の早朝便で、ソウルに出張です。
出張期間は一応、3日ですが(笑)、これが、また伸びるんだよなあ。(大笑)
月末に、BECの試験(4回目)があるので、ソウルに、BECの参考書(BISKですが)を、持ち込む
予定です。
久しぶりのソウルだから、夜は楽しみたかったのに、無理そうですね。
(因みに、貴公子は、トラベル韓国語会話程度なら、余裕でできます。)

2012年11月9日金曜日

(USCPA) AUD、最終の詰め。

BISKのAUD問題集の2週目を、たった今、やり終えました。
商品の詳細 

試験は、来週早々です。
まあ、週末があるので、間違えた問題だけのPickアップになるでしょうが、3週目を終えた上で、試験に臨む所存です。

2週間位前は、あまりの理解の浅さに、AUD受験を諦めかけたくもなりましたが(笑)、持ち前のしつこさで、ここ2週間程度で、何とか形にした自負はあります。
(丸2ヶ月強のAUD勉強時間は、500時間程度にはなっている筈です。)

貴公子は、特に、頭が切れる訳でもなく、凄い努力家でもないですが、それなりの大学を卒業し、それなりのビジネスマン生活を送れているのは、ただ単に、しつこくて、諦めないからと言えるでしょうね。しつこさだけが、貴公子にとっての最大のAssetと言えるでしょうねえ。。。


まだ、数日あります。
最後の1分まで、しつこく追い込みます。


ところで、メールをくれた、大学受験生のXさん、AUDの試験が終わったら、きちんと返事を書きますが、今、言えることは、下記でしょうね。


「長く生きていて、貴公子なんかよりも、頭が切れる人や、努力家の人は沢山いましたが、
最後の最後の詰めの段階で、投げてしまう人が多いんですよねえ。その意味で、あなたは、もったいないとは思います。」

P.S. 貴公子のサイトは、アラサーのビジネスパーソンを想定読者としているのですが、結構、大学受験生からの反応が多いんですよねえ。英語関係の記事で、誘導されたのでしょうが。。。

2012年11月4日日曜日

(USCPA) まだ、甘い!

AUDの試験まで、残り1週間です。
ここ2週間位は、一日100題のペースで、MCを解くなど、十分な勉強時間はとっております。
(例えば、昨日の土曜日は8時間、今日は7時間程度の勉強をしております。)
また、論点も潰したつもりです。

でも、あれだけ苦労してFARを突破した貴公子の実感としては、まだ、AUD突破の為には、何かが決定的に足りません。
もう少しの筈ですが、まだまだ甘い。
FARを突破した時の様な、やり尽くした感が無いんですよねえ。

兎に角、残り一週間です。
明日から、残業を止めます。(笑)




(週刊貴公子)いよいよ、日本企業も冗談ではなくなってきた。

パナソニックと、シャープの4半期決算が相次いで、発表されました。
パナは、期初の黒字予想とは、正反対の超大幅赤字予想に転落で、シャープも大幅赤字です。


>「原因は本業、特にデジタル家電関連商品の不振にある。この領域で負け組になっていると
>いわざるを得ない。パナソニックは約20年前から低成長・低収益が続いていた。構造改革を
>実施しても一時的に良くなるだけ。これは普通の状態ではない。いま、普通の会社ではな
>いことを自覚するところからスタートしなければならない」


>大規模投資を繰り返しても収益が上げられなかった理由には投資判断の誤りや環境変化への>対応の遅れを挙げた。そのうえで「普通の会社ではないと、我々自身がしっかり自覚することが>スタートになる」と述べ、社内の意識改革が再生に必要、との認識を示した。



>こうした状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が>存在しております。

どちらもキツイコメントだが、特に、決算短信に、「継続企業の前提に関する重要な疑義」と記載せざる得ないシャープは、既に終戦を迎えた感があります。

外国のMediaも、大きく取り上げております。

Bloombergの記事です。
>“There’s no sign declines in sales of audiovisual and communication products such as TVs and >smartphones will stop,” Shiro Mikoshiba, an analyst at Nomura Holdings Inc., said in a report dated >yesterday. “Whether the company’s transformation can be carried out with a soft landing is >becoming more uncertain.”

朝鮮日報(日本語版)の記事です。
技術力過信とトレンド判断ミス、パナソニックの衝撃
>一時は世界をリードした日本の家電御三家のパナソニック、ソニー、シャープが巨額の赤字
>で資金難に直面している。各社は技術力と内需市場を過信し、世界的なヒット商品の開発に
>失敗。構造調整の遅れ、為替変動に対する無防備などから危機を招いた。


まあ、2009年に、兵庫県に巨額投資をして、プラズマパネル工場を建てたパナは、完全に国際ビジネスを読み違えていた。
シャープはシャープで、環境企業だとか、生活創造企業だとか、BIG WORDを自称して遊んでいる内に、抜き差しならない状態になりましたねえ。

内向きな日本企業は、死に絶える勢いですねえ。。。。。
別に、朝日新聞的に、「世界市民」とか「友愛主義」等の青い発想をもって、企業のGlobal化を、貴公子は唱えている訳ではなく、単に、外国のエリート層の方が、日本の一般ビジネスマンよりも、遥かに優秀だと思うので、企業のGlobal化を推進するスタンスをとっております。

組織的にも、企業風土的にも、徹底的にGlobal化を進めるしか、日本企業の生き残る術はないでしょうね。
先日、各国からのビジネスパースンが集まる、泊まりがけの討論会に出席する機会に恵まれて、いつも調子で、ペラペラとやってきたが、IndiaやIndonesia等のエリート層は、非常に高いレベルにあり、正直、驚きを通り越して、脅威に感じた。

かくいう私も、競争にまともに晒されてはおりますが、「外国人エリートの脅威」から逃げるのではなく、がっぷり4つで、彼らと競争するしかありませんねえ。
日本企業とか、日本人ビジネスマンの生存の為には、Global化の中で、勝ち抜いていくしかありません。それはそれで、とても、辛いことですがねえ。(笑)