貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

2016年10月30日日曜日

【ラン】 来月中旬の豊洲マラソン12キロは、一時間切りが目標です。

数年前は、一回のジョグの距離が、精々、5キロ程度でしたが、ここ数ヶ月は10キロとか15キロ位は、軽く走ります。
あれほど、大変だった10キロくらいのジョグは、今や全然、余裕ですね。

今週末は、土曜日に15キロ、日曜日に10キロを走りました。
土曜日のランで、12キロを時間を測って走り、市街地で信号待ちありの条件下でありながらも、1時間4分でした。
と言う訳で、11月13日の豊洲マラソン12キロでは、1時間が最低目標になります。
出来れば、55分位で走りたいですねえ。。。

さて、本番は11月末のフルマラソンですが、荒川健康マラソンの制限時間は5時間であり、他のレースに比べて、制限時間はキツメです。
兎に角、ハーフ以上の距離は貴公子にとって未知な訳で、30キロを過ぎた時点で、どんな感じになるのか興味津々です。

ただ、そうであっても、前半のハーフを2時間でカバーすれば、残りのハーフには3時間を当てられる訳であるから、さすがに完走は大丈夫でしょう。
従って、前半ハーフを、2時間目標とします。
(元格闘家のプライドとして、完走だけは絶対にしたいですね。)

豊洲マラソンは兎も角、荒川の方では、体重を現行から3キロは落とさないと話にならないでしょうね。
15キロくらいを、高速で走ると、心肺機能は全然大丈夫なのですが、膝が痛くなると言う事に気付いたので、体重を落として、負荷を下げるべきでしょうね。

兎に角、いよいよ、シーズン突入です。
ランナーの方、頑張りましょう!






AICPA Mita Conference (三田会)のホームページを立ち上げました!

公式ホームページはこちら。

上記ページに記載されておりますが、参加者大募集中です。
参加希望者は、aicpa.mita.conference@gmail.com に連絡を下さい。

宜しくお願いします。


2016年10月29日土曜日

【USCPA三田会】 発起会@赤坂 を開催しました! 

木曜日に、第一回、USCPA三田会を赤坂で開催し、4名が集まりました。
貴公子以外の3名のざっとしたプロフィールは、起業家、有名ベンチャーキャピタリスト勤務の企画マン、某金融機関勤務の社内弁護士です。
勿論、皆さん、USCPAホルダーです。

因みに、貴公子以外は、全員30代中盤位で、二人は独身で、一人は既婚との事でした。
独身の2人は、KO的な意味でとても洗練されており、特にその内の一人は、KO高校出身者で、職歴も素晴らしく、尚且つ貴公子並みのイケメンだったので、ちょっと嫉妬しました。笑
因みに、3名共、ここ数年でUSCPAを働きながら取得しており、内2名は、アビタスに通っていたとの事でした。
因みに、出身学部は、法学部政治、法学部法律、商学部、経済学部(貴公子)と、バラエティに富みましたが、湘南藤沢キャンパス(SFC)の環境情報学部とか総合政策学部の方にも参加してもらいたいですねえ。。。

尚、既婚の方は、地方出身で大学からKOに入り、学生時代から熱心に勉強して、弁護士資格とUSCPA資格を取った方です。
KO大学出身者なら、皆、同意すると思いますが、あの大学で勉強することは、とても雰囲気的に難しいので(周りが遊んでばかりいるので)、感心致します。

呑み会の席では、この既婚の方と貴公子はKOぽっくないタイプ、独身の2人はKOを象徴するタイプと、無理やり分類して、あの大学について語り合いました。

さて、下記は、USCPA三田会活動絡みの話です。

・ USCPA三田会主催の勉強会を年内にも開催します。
別サイトを早急に貴公子が立てます。初回の勉強会なので、参加者は、KO大学出身者(USCPAである必要はない)に限定させていただきますが、2回目以降は、KO以外の方やUSCPA以外にも、どんどん門戸を開いてゆきます。

・ 初回の勉強会は、仮想通貨とかブロックチェーンに関して、貴公子が説明する事になりました。
「仮想通貨を使ってみよう!」程度の簡単な話(難しい技術的な話は貴公子も分かりません。)をメインにします。IoTの話もちょっと、混ぜちゃいます。(仕事では今、こっちがメインなので。)

・ USCPA三田会は、将来的には、英語メインでやる事とするが、初回ですので、とりあえず日本語でやろうと思います。

・ 各発起メンバーが、知り合いのKO同窓生に声掛けをして、参加者を集める事としました。開催場所は未定ですが、三田キャンパスでやりたいですね。

・ 連合三田会と言って、三田会が集まる総会みたいのがあります。噂に拠ると、60歳過ぎのOBやOGが集まって、肩を組んで、「若き血」を歌う企画の様だが、USCPA三田会が連合三田会に入るかどうかは、今後の継続審議とします。
ただ、個人的には、そこまでKO色を出したくないし、ましてや子供っぽく感じるし、昭和的でもあるので(要は洗練されていないので)、ネガティブです。

それ以外の会話

・ ミス慶応サークルの破廉恥なスキャンダルに、貴公子は呑み会でも怒り心頭でした。ただ、あの大学のキャンパス内の「性的な乱れ」は、近年、益々、酷くなっているようであり、他にもいくつかサークルが潰されているとの事。
事件化に相当する案件も多いらしいが、あの大学には、それを揉み消す力があるので、多くは表面化しないとのこと。
あの芸能活動大好きな大学が、芸能界との接点の象徴でもあるミス慶応サークルを潰したのですから、まあよっぽど酷い事があったのでしょうね。(単なる未成年飲酒程度で、大好きな芸能界からあの大学が手を引く訳がありません。)

・ KOと言えば、最近は、三田キャンパスよりも、湘南藤沢キャンパスの方が有名だが(貴公子が心酔するマザーハウスの山口絵里子社長もSFC出身だし)、そもそもSFCが25年前に創立された理由は、当時の学長に、「このままではKOが消える。」と言う危機感があったとの事です。
よって、「SFC学生の9割は学費を払うだけの出金マシンで良く、残り1割が尖がってくれれば良い。」と言う思想で、創立されたとの事。
以前のブログでも書いたが、確かにKO卒で光っているのは、最近は皆、SFC出身者ばかりなので、SFC創立の意図は、完璧にヒットしたと貴公子は思っております。
ここは、KOの先見の明を感じます。

・ 近い将来、山口絵里子社長を、USCPA三田会主催の講演に御招待をしたいと思っております。誰でも出席できる様にしたいので、三田キャンパスとかではなく、マザーハウス本店のある上野周辺での大会場での開催を夢見ております。

まあ、こんな感じです。
とりあえず、USCPA三田会に関しては、正式なサイトを立ち上げます。

貴公子は、USCPA三田会の発起メンバーの一人ですが、貴公子ブログでは個人的な見解を記載しますので、USCPA三田会の正式見解は、そちらのホームページを御覧下さい。

宜しくお願いします。

2016年10月27日木曜日

【ラン】 いよいよ、マラソンシーズン到来です!

最近は、週末で20キロ以上は走ります。
またそれとは別に、週央にも2日程度は軽く走りますので、月4回の週末に、週央のランを加えて、最近は、ざっくり月間120キロ位の走行距離となっておりますが、全然、全く痩せませんねえ。。。。

最近、知り合いになったランナーの方ですが、50台半ばの方がいます。
新幹線に乗って、フルマラソンに行く様な、真のランナーなのですが、彼に言わせれば、100キロじゃダメだとの事。
月間150キロを超えると、食事制限なんかしなくても自然に減るとの事でした。

150キロは大変ですねえ。。。
週末のジョギングを30キロくらいに伸ばせば、超えられる目標ですが、土日に両方走ったとして、15キロずつですよねえ。。
中々、ハードルが高いです。。。

兎に角、月間100キロと言うのは、かつて何度も達成しましたが、そこから20キロとか30キロを伸ばすのは、貴公子にとっては本当に大変でしたが、その壁をとうとう超えつつあります。
実は、昨夜も夕食後の夜10時位に、10キロほど走ったのですが、疲れるどころか今朝は早朝から元気一杯です。

体も軽いし、頭も冴えわたっております。
これで、痩せ始めれば完璧ですね。
目標体重は、30歳代後半で、キックボクシングを週2回とか3回やっていた時の現体重マイナス5キロです。

さて、来月11月は、月央に豊洲マラソンで12キロのレースがあり、こちらは1時間目標です。
月末に出場する荒川健康マラソンでは、人生初のフルマラソンを走ります。
荒川の方は、制限時間が5時間と少々きついのですが、完走だけは目指したいと思います。
(恐らくですが、12月か来年1月には、どこかでハーフマラソンに出場し、2時間切りを目指したいと思っております。)

兎に角、来月のジョギング距離は、レース分も含めて、150キロ目標です。
頑張ります。







2016年10月23日日曜日

コスパが悪い!

コスパ(Cost Performance, 費用対効果)の話です。

貴公子自身も人の事を言えないが、私も含めて、個人も会社もコスパ意識が無さ過ぎると、下記のCNNの記事を読んで思いました。
→ Venezuela's deepening crisis

ベネズエラ経済は既に崩壊し、政治的にも不安定であり、国家崩壊レベルにあるとの記事です。
知り合いが勤務している会社は、ベネズエラでいくつか大きな取引があり、数年前から、債権回収に苦労していると聞いておりましたが、今回の経済危機で、正にとどめを刺されたことでしょう。
要は、債権回収は不可能となった筈です。(ベネズエラ政府も無い袖は触れない。)

ベネズエラ関係のプロジェクトに関わっていた彼とは、ある程度、懇意にしていたので、ざっくりした状況は把握しているつもりですが、その方は、とても仕事熱心で、全身全霊で、かの国で仕事をしておりました。

しかしながら、彼がどれほど頑張ろうと、ああいう国での仕事は、そもそもが上手く行く訳がありません。
「苦労だけ多くて、利益が出ないどころか、最終的には大赤字」と言うプロジェクトならば、いっその事、会社は無駄なアクションをせずに、スタッフを遊ばせていた方がまだマシです。

「なぜ大赤字となるプロジェクト」と最初から分かっている仕事に、何も考えずに突っ込むのか?

思うに、日本企業は貧乏性の所があり、日本企業のトップマネジメントは、「従業員を遊ばせておく位なら、利益ゼロでも突っ込む。」みたいな変な突撃精神があります。
結果として、従業員を無意味に疲弊させ、会社にも大きな損失をもたらす訳です。

孫子の兵法を持ち出すまでもなく、ビジネスでは、「勝てるところで勝つ!」と言う思想が必要な筈です。
そうであるのに、リスクも十分に検討せずに、言葉も企業文化も違うエリアに突っ込んで行き、最終的には、痛手だけ負って、プロジェクトを終える訳であり、誠にバカっぽいと思う。

そう言えば、最近、別の知り合いから転職の相談を受けました。
語学的な才能があり、複数の言語をネイティブレベルで自由に操るのですが、「ビジネス界で今後も生き残っていくためにも、英語力をもって磨いて、TOEFLでの満点を狙っている。」とのお話でした。

貴公子 「英語力は、既にNativeレベルで、貴公子よりも上な位なのに、今更、難解な英単語を数千語、覚えたところで意味がない。仮にTOEFLで満点を取ろうとも、貴方の場合は、新たなアピールとはならないと思う。」

貴公子 「要は、コスパが悪い。これから1000時間、英語の勉強をして、TOEFL満点を取るくらいなら、300時間勉強して、新しい言語(例えばロシア語、フランス語、アラビア語をあたり)を、初中級レベルに引き上げた方が、コスパが良いと思う。」

そんな話をしました。
まあ、偉そうに他の人にアドバイスしながらも、貴公子もコスパ意識が希薄過ぎますので、反省しております。

今の会社では、海外事業開発をしておりますが、今の会社の強みを生かして、「如何にリスクを押さえながら、ラクに果実をもぎ取るか?」を考えないといけません。
チャレンジングな要素が1つか2つは、あっても良いが、それが3つも4つもあるのだったら、手を出すべきではないと思う。
要は、コスパを常に意識しないといけません。

まあ事業開発レベルで、戦略を見誤ると、会社全体が暴走し、最終的には「御臨終」となる事は、拓銀でも前職の会社でも痛いほど、経験しているので、ここは責任感をもって、しっかりと会社の戦略を「監査」してゆきたいと思っております。

個人レベルの話をすれば、今の貴公子にとってコスパが最高なのは、プログラミング開発能力の習得です。
1000時間勉強して、韓国語を習得するよりも、300時間で複数言語(Java, Python, Rubyあたり)を押さえることが、遥かにコスパが良い筈です。

兎に角、日本人は「職人精神」を間違って理解しており、コスパ意識が無さ過ぎだと思う。
因みに、ヨーロッパにもアメリカにも中国にも、職人精神は勿論ある訳で、売りが「職人精神」とか「おもてなし」だけな国と言うのも、どうかと思うが。。。

2016年10月22日土曜日

忙しい土曜日でした!

秋深くなりましたねえ。

土曜日の今朝は、娘に叩き起こされて、朝6時起きです。



最近、朝起きて、真っ先に確認するのが、このドラえもんです。

丁度、2週間前に、マンションのモデルルーム(現在、東京湾岸エリアのタワーマンションに住んでおりますが、もう少し都心に近づきたいと思っております。)で、娘が貰ってきたものですが、まだ、元気に浮いております。

1年前に、東京Disney Landで、ミッキーの風船を1000円で買いましたが、あれは3日で墜落しましたが、タダで貰ったドラえもんは、まだ生きております。

大体、たかが風船に1000円も取るDisneyもやり過ぎと思ったが、品質も最低だったという事ですね。
娘が小さいので、Disney Landには最近は、一年に一回位は行きますが、ここのところ、商業主義が酷過ぎますねえ。
歩きながら、食べるミッキーのアイスクリームも500円だったし、レストランは、従業員不足で混み過ぎだし、それでいて、不味くてバカ高い。
入場料は、毎年の様に値上げしているし、ちょっとやり過ぎの感がありますねえ。。。

そんな事を、土曜日の朝から考えました。
さて、朝9時からは、15キロのジョギングをし、その後、近所にあるインターナショナルスクールのハロウィーン祭を覗きに行きました。


在校生や教師何人かと話しましたが、中々、国際色豊かな学校でしたねえ。。。

カネを貰っても娘を、慶応の幼稚舎に入れようとは思わないどころか、中学卒業までは地元の公立で良いと思っておりましたが、こういうInternational Schoolは一考の価値がありそうですね。

さて、ハロウィーン祭の後は、この学校の近くにあったUnited Dinerと言う、米国料理の店で遅い昼食を食べました。
→ https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13181542/



場所は、江東区森下です。
まあ、貴公子は、こういう雰囲気は好きですが、要は、ナイトバーですね。
子供連れで、日中、ランチを食べるところではありませんね。(お子様ランチはあったけど。)

夕方に帰宅して、今は自宅でのんびりしておりますが、USCPAのCPEの残り40単位も片付けないといけませんね。

秋の夜長を楽しみます!

2016年10月20日木曜日

複業の時代!

日経に、いい記事が出ておりました。
→ 強い会社作る働き方革命 3つの破壊が始まった

(以下、引用)
========================================
サイボウズにはアフィリエイト(成果報酬型)広告などで稼ぐ社員も多い。副業制度は現状を追認する形で始まったが「会社にしがみつかなければならない人より、会社が立ち行かなくなっても食べていける人が集まった方が、サイボウズにとってはプラス」。人事部の松川隆マネジャーはそう語る。

 (中略)

会社が一生面倒を見ることを引き換えに、終身仕える忠誠心を要求するのは古ぼけつつある。能力のある人材に自由に働いてもらい、企業価値を上げる時代がそこまできている。

8月に厚生労働省が発表した「働き方の未来2035」には「『就社』ではなく『就職』」というキーワードが躍った。会社に雇ってもらうのではなく、自ら能力を発揮できる場を選ぶべき、という内容だ。会社と労働者が切磋琢磨する環境作りが、日本経済の未来を開く。
=========================================

そうです。
就社ではなく、「就職」こそが重要だと思います。

副業制度が、広がりつつありますが、貴公子はその概念を一歩進めます。
つまり、「複業」~つまり、いくつかの仕事に同時に従事する。~ と言うやり方が、これからの時代は必要かも知れないと感じ始めております。

つまり、「週3日はどこかの企業で正社員で働き、残り2日は自分の専門性を磨くために、専門企業でパートタイムで働き、余った2日は、自宅でインターネットを使って自分のビジネスをする。」みたいな仕事のやり方が、スタンダードになってくるかも知れません。

========
先週末に、ITの高度試験を一日中、受験しておりましたが、受験しながら、やはり貴公子はITが大好きであることを確信しました。
「5年後に起業する!」と、一年前からブログで宣言しておりますが、毛並みの違う複数のIT系の会社で「複業に就くこと」も面白いかも知れませんねえ。。。。

そう言えば、最近、20代後半の方から、ITの仕事に関して、相談を受けました。
その方への返信で、如何にITがアツいかを、自分でも驚くほど、書きまくりました。
今、その時の返信を読むと、年甲斐もなくアツくなって、少々、気恥ずかしくもあるのですが、やはりITは面白いです。

兎に角、当面の目標として、高度試験9科目の内、5科目のクリアを目指します。

2016年10月17日月曜日

【USCPA三田会】 参加者4名となりました。> 近々、赤坂で第1回会合を開催します。

こういう馬鹿話が出るから、KO卒を名乗るのがとても恥ずかしいのです。
→ 女子学生にテキーラ飲ませ、スマホで…ミス慶応主催「広告学研究会」解散の裏に隠されていた「核心」

KOブランドも堕ちる所まで堕ちました。(21世紀になって急落したと言う印象を持っております。)
OBとして、誠に恥ずかしいです。

事件が起きたこと自体もそうですが、そういう事件を、必死になって、隠そうとするセコサがあのチャラ大学にはあります。
貴公子在学中から、「厳正」とか「公正」とかとは無縁な大学でしたがねえ。。。

以前も書きましたが、KOは、「パパとかママがKO教授だと、子弟は入試でゲタを履ける大学」です。
そして、そんな「不正入試システム」を、自慢げに話す大学職員と、それを「羨ましい」とか「血筋が良い」とか賛美する学生ばかりでありました。
あの大学には、変な「選民思想」がはびこり、スキャンダルを隠蔽する体質が育まれております。

ただ、あの広告研究会に限って言えば、貴公子が在学していた頃から、チャラチャラして、調子づいた奴らばかりであったので、「特別的例外」とは信じたいです。

===========
さて、貴公子的には、USCPA三田会を立ち上げたばかりで、誠にタイミングが悪いのですが、近々、第1回、USCPA三田会を赤坂で開催します。
現在、貴公子を含め4名の会員となっております。
(起業家の方、弁護士の方、有名ベンチャーキャピタル勤務の方です。)

参加者には、別途、時間と場所をお伝えします。
まだまだ、参加者募集です。
慶応大学卒業生で、USCPAの方は、御連絡下さい。

詳細はこちらです。 → USCPA三田会、まだまだ参加者募集中! 

2016年10月16日日曜日

高度試験(Network Specialist)を受験して来ました!

朝9時半から16時半まで、国家試験の情報処理技術者試験(Network分野)、いわゆる高度試験を受験して来ました。
受験会場は、お台場近くのテレコムセンターでした。



試験会場では、50名強を収容する部屋がいくつかあったのですが、貴公子が受けたNetwork Specialistは、なぜかガラガラでした。
4つのセッションからなる試験なのですが、最終の16時半終了の第4セッションの試験では、受験者が20名にも満たず、閑散としておりました。
なぜでしょうか???

ところで、肝心の試験ですが、思っていたよりも簡単でした。(出来たとは言っておりません。)
Network構築とかSecurityは、実務レベルでは極めて複雑で難解なのですが、試験問題は、すべてが単純化されているので、「実務では、こんなに単純じゃないんだけどねえ。。。」とか思いながら、問題を解いておりました。

もっとも、試験ですから、「正しく用語を暗記している」とか、「問題形式に慣れて、手際良く問題を処理する」とかの要素が必要なので、実務では都度ネットでじっくり調べるタイプの貴公子が、出来たかどうかは、全く別の話です。

とは言いつつも、20年近い実務経験があるのだから、当たり前と言えば、当たり前だが、既知の事象ばかりであったのも事実でした。

この高度試験は、国内では最高峰のIT試験と言われているのですが、正直、思った程、難解では無かったどころか、むしろ簡単に感じたと言うのが、正直なところです。
(繰り返しですが、貴公子が出来たかどうかと言うのは、別問題です。)

総括としてですが、受験料も安い割には、いい試験だと思います。
Network以外にも、9つの科目が高度試験にはあります。
春と秋の年二回のテストですので、5年間で5科目ぐらいは合格したいと思っております。

貴公子は、やはりITは好きです!

【ラン】 Harvard Business Reviewにマザーハウスが出ております!

さて、明日は高度情報技術者試験(Network)で、最後の詰め込み中ですが、ちょっと休憩します。

旧知の知り合いから、「Harvard Business Reviewに、Mother Houseの山口絵里子氏が出ている。」との連絡を画像つきで貰いました。




明日、試験が終わったら、HBRを速攻で買います。

さて、勉強ばかりしているのも体に悪いので(と言うか、「一週間も勉強してないじゃん!」と言う突っ込みはさておき。笑)、今日は10キロだけジョギングしました。

ジョギングの条件は悪かったです。
1. 10月とは言え、日中の暑い時間に走った。
2. 昼飯直後の体の重い時間であった。
3. 街中のジョギングの為、信号待ちが多かった。
4. ウインドブレーカーを着て走るなど、装備も悪かった。

しかしながら、その悪条件でも、10キロで50分を切りました。
来月、豊洲マラソンで12キロ走りますが、一時間以内の走破を目指します。

こちらも頑張ります。



2016年10月15日土曜日

明日は、情報処理技術者試験(NW)です。

しばらく、この試験関連の記事を書かなかったのですが、明日、国家試験である情報処理技術者試験(Network分野)です。
試験時間は、朝9時半から午後4時半までです。

正直、1週間位しか勉強できておりませんが、初めて受験する情報処理技術者試験であるので、難易度を含めたニュアンスが分かりません。

貴公子の強みは、Network Securityを専門としつつも、Databaseとか、アプリケーション開発、プログラミングと幅広く、IT全般を押さえている事にあると思っております。
現在の仕事は、ITエンジニアというかは、IT技術専門会社での海外事業開発なので、典型的な受験者像とは違うのでしょうが、それでも、専門分野のNetworkで負ける訳にはいきません。

下記の本を使って、超特急で勉強しております。
さすがに、内容はすべて既知ですが、「細かい動作まですべて暗記しているか?」と言われると、そうではありません。

貴公子は、勿論、理論や概略を理解してはいるが、細かい点は、都度、ネットで精密に調べながら、仕事を進めてゆくタイプです。
よって、「微妙なIT用語を使い分けて、細かい作業手順まで、立て板に水を流す様に暗記する。」と言う試験用の対策は、出来ておりませんねえ。。。

また、最近は忙しかったこともあり、準備不足は準備不足ですが、さすがに「手も足も出ない」と言う事はない筈です。
実力を出せば、それなりの結果が出るとは思っておりますので、明日、頑張ってきます。
5年後に起業をする予定ですので、Network分野を含め、9分野ある情報処理技術者試験の内、5つくらいは、5年以内にパスする予定です。

上記の本を、明日の朝までに、もう一回、流した上で、試験に臨んできます。
明日、試験の方、頑張りましょう!

2016年10月10日月曜日

廃墟マニアと秘境駅マニア垂涎の豊洲新市場へ行きました!

3連休の最後ですね。
午前中から昼過ぎに掛けて、家族で軽く外出しましたが、夕方前には帰宅しました。
その後、3歳の娘が寝入ったのを確認してから、ジョギングに行きました。

目指すは、産経新聞にしばらく前に掲載された、都会の秘境駅、ゆりかもめ線の市場前駅です。


さて、豊洲新市場です。
当初の予定なら、今頃、水産業者の引越しで大わらわなのでしょうが、我らがジャンヌダルク、小池百合子知事の英断により、移転が延期となってからは、閑散としております。

こんな感じです。↓

廃墟化が始まる豊洲新市場
豊洲新市場全景
何だかシュールですねえ。。。
人の気配がない巨大な建造物となっており、なんだか哀愁を感じさせます。

この巨大建設物をどうするんでしょうか?
この世には、廃墟マニアと言う人たちがいて、閉鎖された遊園地とか廃校とかを好んで巡る人がいる様なので、そういう人の「聖地」になるかも知れませんねえ。。。。

そう言えば、昨夜、民放の番組をボッ~と見ていたら、「ハンター 逃走中」と言う、ドロケーゲームをやっておりました。(この番組はまだやっていたのですねえ。10年以上前に見た記憶が。)

閃いたのですが、次回の「ハンター逃走中」は、豊洲新市場でやったらどうでしょうか?
巨大建設物だし、謎の地下空間も含めて、隠れるところが多いから、ハンター史上、最高傑作となることは間違い無しです。
「ハンター 逃走中」の画像検索結果


さて、都会の秘境駅、市場前駅についても触れないといけませんね。
さすがは、秘境駅です。
入り口
誰もおりません。
都会の秘境駅 市場前駅
誰もいない秘境駅

兎に角、折角の「廃墟 X 秘境」なのだから、少し有効な活用法を考えるべきです。
「ハンター逃走中」の収録もいいのですが、ポケモンGOのポケスポットとかにするのも良いかも知れませんねえ。。
あるいは、ちょっと手を加える事になりますが、経済犯罪者専門の刑務所とかも、象徴的な意味で良いかも知れません。

小池都知事の奮闘には感謝しますが、そろそろ、有効な出口戦略も考えてゆきたいですねえ。。。

2016年10月9日日曜日

時の流れは早い! ~ 本日の筑波宇宙センターと6年前のL.A.観光

3連休の真ん中です。
妻から、伊豆半島熱海周辺にドライブに行きたいと、かねてから言われており、今朝は早く起きて、自動車で出発しました。
眠い。。。

ただ、自宅を出て直ぐに、大雨となり、とても伊豆の海岸沿いは無理な事が判明しました。
「今日は天気が悪いから、家に戻ろう!」と喉まで出たのですが、妻と子供の視線が怖く(笑)、「屋外はダメだから、屋内にしよう。」と言い直し、かねてから気になっていたJAXAの筑波宇宙センターに向かいました。

筑波市なので、首都高と常磐道で、ざっくり1時間半のドライブです。
まあ、近いですね。
宇宙センターは駐車場無料、展示会場無料な割には、あまり混んでもおらず、まあ快適でした。
こんな感じです。

展示会場内です。


これも展示会場内です。

妻も子供も、まあ楽しんだみたいで、良かったのですが、Eron MuskのSpace X社が格安でロケットを打ち上げており(一説に拠ると、10分1から100分の1の価格)、「日本のロケットビジネスもどうなるのかあ?」と考えながら、展示場を見て回っておりました。

兎に角、東京湾岸エリアに住んでいるので、伊豆の熱海まで行ったら、帰宅は夜遅くでしょうが、筑波市なので、JAXA後に市内のモールで、ゆっくりランチを食べても帰宅は、午後4時前でした。

ところで、Google Photoには、"Rediscover this day"と言う機能があり、何年前の同日に撮った写真のリンクが勝手に送付されてきます。
今日、Google Photoから来たのは、6年前のL.A.観光旅行の時に撮った写真でした。
この機能、良いですねえ。

行ったことさえ、すっかり忘れておりましたが、写真を見ると、Vividに思い出します。
何だかGoogleの発想って、やっぱり凄いですね。

Beverly Hills 90210と言う1990年代を代表するアメリカ青春ドラマの舞台(Manhattan Beach ??) 

確か、Santa Monica Beach 

2016年10月8日土曜日

【USCPA三田会】 USCPA三田会を発足します! 参加者を募集します。

まあ、昔から「群れる」のが嫌いで、「孤独」を愛して、生きて来ました。笑

例えば、大学卒業後に、如何にも潰れそうな北海道拓殖銀行を就職先に選んだのも、よく言えばチャレンジャーだからだし、悪く言えば「へそ曲がり」だったからです。

以前も書いたのですが、慶応経済学部では、金融論のゼミ代表みたいな事をやっていたので、就職時点で、金融業界については、かなり深く理解しており、拓銀がヤバイことも当時から理解しておりました。
それでも、同級生と同じ様な大手金融機関を目指すのは、「群れている」様で、嫌だったわけで、あえて就職先に拓銀を選びました。

他の例では、「30歳の時、月給3万円でマニラにて就職をした!」とか、「へそ曲がり伝説」はいくらでもあるのですが、兎に角、昔から、「みんなと一緒」とか、「同じ属性の人で集まる」とかは、本当に嫌でした。

ですから、今回、慶応大学の同窓生(10歳くらい年下の方)から、「慶応大学卒業生のUSCPAホルダーの集まりを作りましょう!」と打診された時は、ちょっと抵抗がありました。
しかしながら、下記の点を考慮して、USCPA三田会を立ち上げることにしました。

****************************
2014年にBusiness Intelligence Japanと言う団体を立ち上げ、「国際ビジネスの第一線で働く、プロ達の情報交換」を目的としました。サイトはこちら → Business Intelligence Japan 2014
ところが、これが開店休業状態で、全く活動が止まっております。
ダメだった理由は、コアとなる活動主体が無い為であると思っているので、堕ちたとは言えども、スーパーに例えれば、イトーヨーカドーとかイオンには及ばずとも、ニコニコ堂くらいのブランド力は未だにいある「三田会」と言う名前を利用しようと考えました。
**************************

と言う訳で、当面は、「USCPA三田会」と銘打って、KO卒業生で活動は開始しますが、会員の紹介があれば、他大学出身でもUSCPAでなくても、参加はWelcomeという形態にしたいと思います。

そして、一番大切な事ですが、「USCPA三田会」の目的は、Business Intelligence Japanの趣旨と同じで、「国際ビジネスの第一線で働く、プロ達の情報交換」です。
貴公子としては、5年後の起業を見据えて、知見を得たり、ビジネスパートナーを見つけたいと思っております。

当面は、KO卒業生の3名で活動を開始します。
慶応卒業生で、USCPAホルダーの方は、是非ともコンタクトして下さい。

参加希望者は、貴公子までメールを下さい。
→ naiveprince0507@gmail.com

会費とかは無しで、数ヶ月に一回の勉強会や呑み会開催が当面の活動となります。
繰り返しになりますが、活動がある程度、軌道に乗ってきたら、他大学出身者のUSCPAホルダーやUSCPA以外の国際ビジネスマンにも門戸を開いてゆきます。

因みに、一緒に立ち上げるKOの同窓生の方の一人は、下記のブログを運営しております。
こういう話をしたいと思っております。
→ IT人の政治リテラシー向上を目指して

宜しくお願いします。

========
最近、KO大学には、別件でちょこちょこ行くので、三田会を名乗る為に必要なRequirementがあるのかどうかも、今度、総務部に聞いてきます。
下記は、先週、KO大学を訪れたときに、校内で撮った写真です。
同窓生は、ノスタルジアに浸りましょう!笑 → キャンパスと言うか、Officeビルみたいで味気ないですが。
    


2016年10月4日火曜日

先週の日曜日に、箱根の仙石原に行ってきました。

はるか昔、子供の頃に行った記憶があるが、35年ぶり位に、箱根の仙石原に家族で行きました。
まあ、昔と何も変わっておりませんね。綺麗でした。
因みに、駐車場も含めて、入場料みたいのはなく、無料です。


こんな感じです。
こんな感じです。
さて、久しぶりの晴れた週末でありましたねえ。。。
仙石原と一緒に、芦ノ湖にも行って来ましたが、こちらも記憶にあるよりは大きかったですね。
芦ノ湖
さて、行きは東名高速の御殿場IC経由で行ったのですが、帰りに箱根の峠を越えて、小田原厚木道路経由で帰ってきました。
ところが、夕方の小田原厚木道路は、大渋滞でした。
事故渋滞もあった様で、「これはダメだ。」と判断して、一般道に下りたのですが、これが最悪でした。
国道246号も大渋滞で、結局、帰りは6時間掛かりました。(行きは、2時間半弱)

あ~疲れました。
まだ、火曜日ですね。
今週も頑張りましょう!