Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年12月31日日曜日

”哀しみの貴公子”改め、”哀愁の貴公子”


Blockchain & Bitcoin Evangelist(伝導師)

貴公子公式公開鍵
183jMZqaVEwkUzambQrYmVE9ZVB2phYpYa



米国公認会計士(ワシントン州)

     
 アラフォー技術系国際ビジネスマン(海外6年)
30過ぎで、フィリピンマニラでフリーター4年
 現在、某大手IT企業の技術系管理職
 米国公認会計士(ワシントン州)
 元アマチュア格闘家(空手、キック)
 英語力に少々自信あり(英検1級&TOEIC970)
 KO大学卒業後、転職6回
 北海道拓殖銀行の元行員(新卒4年勤務後に拓銀倒産)


  
1) 30過ぎで、月給3万円、マニラフリーター戦記(4年)!
不動の累計アクセス数No.1です。
→→→ 「マニラの熱い夜、衝撃の序章」は、これですので、御堪能下さい。(笑)

2) 休日返上で毎日15時間働きながら、40過ぎの完全独学で、USCPA試験突破!
2013年8月、3年間の完全独学の後、USCPA試験最終合格!
その3年間の激闘記です。(総勉強時間3000時間超!)
最終的な戦績は、本試験で、4勝10敗。
* 4連敗→1勝→6連敗→怒涛の3連勝!
→→ Live ! USCPA受験戦記! (記事数170以上)
    【総括】 USCPA試験!   (記事数18)

3) 軟派系私大、母校慶応を斬る! 返す刀で、グロービスも不動産屋も斬る!
*** 人気!査定シリーズ を独立させました。現在、記事10本。鋭意、増強中です。***

4) アマチュア格闘家として鳴らした(笑)、貴公子のキック引退試合。
→ 「38歳、キック引退試合」 の模様は、こちら


5) 英語に関する過去記事は、ここにアップしております。(全15記事)

一日、ワンクリックをお願いします ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 英語ブログへ

2017年12月12日火曜日

1997年の話!

貴公子が、初めて、PCを購入したのが、1997年1月でした。
購入したのは、Windows95版のデスクトップPC。(確か、メモリー32MB)
ソフマップで、モニターとキーボード、マウスと合わせて、18万円程度であったと記憶しております。
インターネットに繋がるのが、Windows95の売りであったが、所謂、ダイアルアップ接続であり、せいぜい掲示板にテキストを書き込むくらいで、E-mailも厳しかったですね。

ビジネスでは、まだ本格的に使える状態ではなく、せいぜい、一太郎と言う日本語用のWord Processorで文章を書いて、LAN経由ではなく、PCにダイレクトに接続されていプリンターから、印刷する程度が関の山でした。
要は、当時のPCはワープロの代わり程度であり、仕事で本格的に使うレベルでは程遠く、かなり先進的な企業でも、企業内メール程度が限界でした。
たった20年前の1997年は、この程度でありました。

その頃、よく言われていたのは、「IT技術なんてのは、大した発明ではない。」、「ゲームおたくとかには良くても、ビジネスで使うようなものではない。」と言う事でした。
また、2000年代初頭には、ITバブルが弾けて、多くのIT企業が潰れたりもしました。

しかし、その後の発展は、言うまでもありませんね。
2017年の現在は、その発展に拍車が掛かっており、IT産業の成長は留まるところを知りません。
20年前に、正確にIT技術の将来を見通していた人は、今や社会的かつ経済的に大成功しております。

そして、2017年の現在は、Blockchainとか仮想通貨が出てきております。
"Blockchain of  Everythings"と言う概念も出てきており、スマホ出現に匹敵する大爆発を起こす予感もあります。
そう言えば、スマホ出現の時も、「ガラゲーみたいに速く打てない。」とか「アジア人には兎も角、指の大きい欧米人は物理的に使えない。」とか、今から振り返ると、信じられない位の馬鹿な話が真面目に議論されておりました。

つまり、新技術は、常に過小評価される。」と思っております。


昨日から、シカゴ取引所で、Bitcoinの先物が扱われる様になりました。
先物相場も上昇しております。→ Bitcoin futures trading begins on CBOE exchange in Chicago
この事だけを取っても、Bitcoinが、まがい物ではない事は、ほぼ明らかと考えます。

更に言うと、Bitcoinに否定的な人は、「バブルだ!」とか下らないことを言うが、バブルと言われ続けて20年を超えた中国経済は、本当の発展期に向かっております。
つまり、「バブルも永続すると本物になる。」と言う証左です。

さて、本日の貴公子のBitflyerの残高です。
既に年末目標の1050万円を超えております。
どこまで、伸びるか楽しみです!
新技術を、これからも捉え続けたい!
12/11現在のBitflyerの口座残高

2017年12月8日金曜日

【ラン】 来週フルマラソンに、その翌週にハーフに出場します。

最近、仮想通貨の事ばかり、書いておりますが、久しぶりにランについて書きますね。
2015年のシーズンから、レース出場を開始しました。
以降、12キロレースを2回、ハーフを3回、30キロを1回、フルを2回(1回は35キロでタイムアップ)を走りました。

ただ、今シーズンは、10月に12キロマラソンに一度、出場しただけです。
年内に、もう少し走りたいので、今月は、2つのレースに出る事にします。
来週にフルに出場して、その翌週にハーフに出ます。

来週のフルは、制限時間5時間ですので、正直、完走はラクではないと思っております。
ただ、最初の半分を2時間10分、30キロ通過を3時間20分、40キロ通過を4時間40分で行ければ、何とか5時間完走も可能では? と言う感じです。

兎に角、今年は、公私ともに忙しくて、あまり走れていません。
普段のランニングでも、月100キロ弱が平均と言った感じで、全然、イマイチではありますが、今月のレースは、頑張りますね。。。

結果は、また報告します。

【仮想通貨投資】 Bitflyer年末口座残高目標、1050万円を達成! 

深夜ですので、簡単に書きます。
表題通りです。


You are Jackpot !




2017年12月7日木曜日

ブロックチェーンのEvangelist(伝導師)として、皆様に謝罪したい!

ビットコインは、本日、170万円を突破しました。
Bitcoin相場推移

10万円前後をうろついていた年初から、「年末には、100万円突破は固い。」と言い続けて、年初時点では、随分と、心無い人から嘲笑を受けました。(笑)
曰く、「相場を理解していない。」とか、酷いのになると、「移動平均線さえも理解できていない。」とまで言われました。

そんな中でも、強い確信をもって、「年末に100万円突破は固い。」と言い続けてきました。

しかし!
貴公子は、間違っておりました。
年末まで、まだ3週間以上もあるのに、既に170万円を突破しております。
これは、貴公子にとっても予想外の強さです。
「100万円突破!」とか、甘ちょろい事を言って、Evangelistとして本当に恥ずかしいです。
誠に申し訳なかったです。

ついては、貴公子は予想を上方修正します。
今年末、300万円。(当初100万円予想。)
2018年末、2000万円。(当初1000万円予想。)
2020年、3億円。(当初1億円予想。)

今後とも、恥ずかしながら、Evangelistを名乗ります。
よろしくお願いします。

【仮想通貨投資】 経済学が人生に於いて、初めて生きた! 

貴公子は、経済学部出身です。
今では信じられないでしょうが、バブル末期の1990年代初頭には、日本全国で経済学部は、もっとも人気のある学部であり、非常に難関でした。
貴公子の母校の慶応経済も、当時は、東大や京大の「一般学部」よりも、難関と言われていた位です。

ただ、実際に慶応経済での勉強は、超退屈でした。
マクロ経済は国際経済を俯瞰するとう言う意味で兎も角、ミクロ経済なんて何の役に立つのか分からなかったし、ましてやマルクス経済学なんて、無意味に思えたものです。

流石に、大学3年時には、「このままではマズイ」と思い、金融論と言う、如何にも就活に役立ちそうなゼミを選択し、目出度く、「拓銀」に就職できましたが。(笑)
兎に角、その位、経済学と言うのは、実社会に於いて、役立たずでしたね。。。。
その後の人生で、役に立ったのは、USCPA試験の時ですね。
これが、唯一の慰めですね。

しかし、ここ最近、改めて、思います。
「経済学を学んでいて良かった!」と。。。。
理由を説明しましょう!

=========
経済学部では、マクロ経済やマルクス経済学を勉強しますが、その中で、「貨幣論」と言うのを、非常にしつこく勉強します。
つまり、「貨幣とは何か?」とか、「貨幣の歴史」です。
超退屈で、授業中は殆ど寝ておりましたが、流石に、あれだけしつこく授業で取り上げられれば、頭に少しは残ります。

今、貴公子はIT業界の最先端にいますが、あれだけITに詳しい専門家でも、「Bitcoinは、円とかドルと違って、どこの保証もないから、ダメ。」と言う人ばかりです。
確かに、「貨幣論」を学んだ事を無い人は、そう感じるでしょうね。

ただ、少しでも「貨幣論」をかじった人は、「円とかドルだって、何の裏付けもない。」と言う事が良くわかっております。
日銀は印刷機をすれば、いくらでも流通量を増やせるし、実際に、第一次大戦直後のドイツでは、卵1個を買うのに、リュックサック満杯のドイツマルクが必要な事もありました。

貨幣と言うのは、みんなの信用によって成立します。
逆に言えば、みんなが信用さえすれば、何でも「貨幣」になります。
太平洋のある島国では、20世紀になるまで、貝殻が「貨幣」として、流通しておりましたし、ソビエト崩壊時の1990年初頭では、ルーブルが信用力を落とし、その代わりに貨幣として流通したのが、赤のマルボロです。(米国のタバコ)
「マルボロ 画像」の画像検索結果

ガソリン20リットルは、赤マルボロを1カートンとかです。
マルボロには、赤と黒があるが、当時のソビエトでは、赤でないとダメでした。

貨幣とは、そういうものです。
皆が認めれば、明日から、ペコちゃんキャンデーが、「貨幣」として、流通することだって有り得ます。
この理屈が、「一般の人」は理解できないから、「ビットコインはダメだ!」と言う事になってしまいます。

逆に言うと、貴公子は、ここだけは理解していたので、ビットコインの可能性を瞬間的に理解できたのです。
ビットコインの凄い所は、コンピューターシステムが、発行上限をプログラム上で決めている部分です。従って、日銀券の様に、「安倍政権を忖度した日銀」が好き勝手に印刷することが出来ません。
ここがポイントです。

さて、Bitcoinは、昨夜から急騰しました。
先程、1Bitcoinは、175万円を突破しました。
何と、前日比で142万円のプラスです。


これに伴い、貴公子のBitflyerの残高は、とうとう、1000万円を突破しました。

「貨幣論を、学んでいて本当に良かった。」と今だからこそ、言える!

ありがとう、経済学部!








2017年12月6日水曜日

【仮想通貨投資】 MONAコイン、爆発しております!

Monaコインですが、ここ1週間で、5倍程度に上昇したので、小爆発したと言って、良いと思います。
1週間のチャートは、こんな感じです。

Monaコイン、直近1週間の動き
貴公子は、このコインの事は、国産コインでアキバオタクに支持されていると言う程度の理解しかなく、良く分かっておりません。
よって、133枚しか保有しておりませんが、5~6万円で先月購入した分が、既に総額で30万円を超えている訳で、まあ、悪い投資ではなかったと思っております。

12/6現在のBitflyerの残高
一方、Bitcoinは、再度、上昇を始めております。
既に145万円付近まで上昇しており、今夜中にも150万円を突破しそうです。
ついては、貴公子のBitflyerの口座残高は、前日比で60万円を超えており、890万円となっております。
年末目標は、1050万円なので、残り18%の上昇率で、目標に達します。
仮想通貨の世界では、一カ月弱で18%上昇と言うのは、かなり余裕です。
近々、年末目標を、上方修正するかも知れません。。。

では!

意志の弱さに自己嫌悪を感じる。속도전(速度戦)だ!

 속도전(ソクドチョン)と言う単語は、Democratic People’s Republic  of Korea(敢えて、北朝鮮とか北韓とは言わない。)で、多用されます。
漢字で書くと「速度戦」と書くが、ハングルの속도전の方が、クールな響きがありますね。

IT技術の進展も、超高速であり、一般社会とは時間軸が違います。
最近、よく言うのですが、IT社会の一週間は、『シャバ』の1年分位の時間感覚です。
兎に角、動きが速い。。。。

最近、我が国の銀行業界は、リストラの嵐ですが、製造業とか流通業では、慢性的な人手不足の中で、この対比は、際立っております。
みずほが構造改革策を発表、1.9万人削減へ

この好対照には、理由があると思っております。
Fintechに象徴される様に、金融と言うのは、非常にITと相性が良いです。
よって、「じぶん銀行」なんかを見ていると感じるのですが、極端な話、サーバ1台あれば、支店も銀行員もほぼ不要になります。

一方で、物流とか機器メンテと言ったアナログな部分が残っている製造業は、そうは簡単に、ITに全面置き換えは出来ません。
最近になって、製造業務向けのITとしての『IoT(Internet of Things)』が騒がれておりますが、IoTビジネスの最前線にいる貴公子にとっても、まだまだ世間的に実証実験レベルの域をでませんね。。。
それ位、製造業や小売業は、金融に比べて、IT的に複雑です。

さて、IT技術の中で、これからますます重視されてくるのは、アプリ開発だと思っております。貴公子も、ここ数年は、それなりに独学で頑張っては参りましたが、はっきり言って、まだ「見えて」きません。
どんなことでも、「大枠、理解できた!」と言う域に、ある日、突然、到達する事があるのですが、アプリ開発に於いては、そのレベルに達しませんなあ。。。。

そんな訳で、속도전(速度戦)です。
今年も、まだ3週間あります。
속도전(速度戦)で、今年こそ、仕上げる!

最後に、仮想通貨投資です。
12/1の残高が735万円で、本日が835万円ですから、4日間で100万円の純益です。
4日間の上昇率は、13%強です。
これが、IT速度だと思っております。(シャバの株式投資では、一年で10%の利益が出れば、良い方ですが、仮想通貨では、それを1週間足らずで実現します。)
シャバとは、スピード感が違います。
12/5のBitflyerの残高です。



 

2017年12月3日日曜日

ITの世界の1週間は、「一般社会」の1年に相当する!

H.I.Sが発行する仮想通貨テンボスコインの記事が、日経スタイルに出ておりました。
ポイントは、純金50億円分を担保とした史上初の金本位制の仮想通貨です。

出だしはこんな感じです。
>大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)やハウステンボス(長崎県佐世保市)を
>率いる沢田秀雄氏は、ジャスダックに上場する沢田ホールディングスという持ち株
>会社の会長でもあります。
>その傘下や関連会社には、モンゴルのハーン銀行や外国為替証拠金(FX)取引を
>手掛ける外為どっとコムなどがあり、沢田氏は金融分野でさらに手を広げる構えです。>今回はハウステンボスで実証実験を始める独自の仮想通貨「テンボスコイン」と、
>それを足がかりにした旅行と金融の融合ビジネスへの挑戦について聞きました。

H.I.Sは、記事にもある様に、モンゴルやキルギルでも銀行業を展開しており、急速に金融業にシフトしております。
以前も書きましたが、ITがこれだけ発達した時代では、金融業は、物流管理や製造管理が伴わない製造業よりも、遥かに参入がラクだし、業務自身も単純です。
その事を、非常に多くの人が、気が付いており、異業種からの参入が止まりませんなあ。

また、H.I.Sが、ブロックチェーンを駆使する事で、ブロックチェーンが一般的に広まると思うので、Evangelist(伝導師)の貴公子としては、大歓迎です。
H.I.Sには、頑張ってい欲しい。

さて、12/1の時点で、735万円と報告したBitflyerの残高ですが、この週末で800万円台を回復しました。
丸2日間で、上昇率9%弱で、純益65万円となります。
12/3現在のBitflyerの残高

年末残高は、1050万円目標です。
後、20%強なので、もう少しですね。

尚、ブロックチェーンや仮想通貨は、ITの世界の話なので、「一般社会」と時間軸が違います。
こちらの世界では、「一般社会」の1年分の動きが、1週間くらいで起こります。
従って、「1カ月で20%の上昇なんてありえない。」と考える貴方のマインドセットそのものが、実は、非常に古いと思っております。

ITの世界での1カ月は、「一般社会」の数年分に軽くなるので、12月末の1050万円は、十分に有り得ると思っております。

2017年12月2日土曜日

5月の段階で、今年の流行語大賞を当てた!

師走になりました。
今年は、色々な意味で、貴公子的に当たり年です。

例えば、本年5月にこういう記事を書きました。
→ 今年の流行語大賞は、「忖度」で決まり! 風見鶏大賞は、菅義偉官房長官だ!

そして、本日の産経新聞の記事によれば、今年の流行語大賞は、「忖度」となったそうです。→ 新語・流行語大賞に「インスタ映え」「忖度」 産経新聞「魔の2回生」もトップテン入り

流行語まで、当てましたね。。。
しかも、5月の段階で。。。。

これだけの当たり年なら、もっと攻めないともったいないですねえ。。。

そんな訳で、年末は、Seoul郊外のWalker Hillホテルに家族で宿泊して、貴公子は、併設のParadise Casinoでポーカー三昧の日々を送ろうと思っておりました。(妻と子供はプールか何かで遊ばせて。)
ただ、残念ながr、その予定は諸般の事情で流れましたので、別の事を考えないといけませんねえ。。。。
因みに、Paradise Casinoのサイトはこちら。→ http://www.paradisecasino.co.kr/paradise-casino/walkerhill?lang=ja

有馬記念ですかねえ。。。。
あるいは、年末ジャンボか!!!
兎に角、師走です。
気合を入れましょう!

2017年12月1日金曜日

【仮想通貨投資】 11月の運用成績を公表します。

11月29日から30日の未明に掛けて、Bitcoinは急騰し、1Bitcoinは一時的に130万円を突破し、それに伴い他の通貨(アルトコイン)も急騰し、貴公子の残高は、瞬間風速で、830万円を突破しました。

しかしながら、11/30朝に、Bitcoinは急落し、一時100万円を割り込むなど、ジェットコースターの様な動きになり、その際は、貴公子の口座残高も、600万円前半まで、落ち込みました。

11/30午後から、持ち直し、それ以降は、現在まで110万円台で、「安定的」に推移しております。12/1時点の口座残高は、下記の様に735万円となっております。
12/1のBitflyerの残高
下記の金額推移は、Bitflyerの口座残高のみです。
5/30、185万円。(前月比)
7/1、320万円。 (+135万円)
8/31、400万円。 (+80万円)
10/1、362万円。 (̠△38万円)
11/1、473万円。 (+111万円)
12/1 735万円  (+262万円)


図に書くと、こんな感じでしょうか???



11月は、月間過去最高益(262万円)を叩き出したし、前月比増加率でも60%近く出したから、
まあ良しとしましょう。262万円なら、ベンツAクラスなら、買える金額ですね。笑
また、Bitcoinが、130万円をヒットすると、貴公子の残高は、800万円台中盤に行くことも分かったので、その意味でも収穫はありました。

さて、年末残高目標ですが、1050万円とします。
年末にBitcoinは150万円。ETHは8万円とするとこれだけで、850万円近くになります。
これ以外のアルトコインで、200万円とすると、まあ実現可能と思います。

では、良い週末を!



 

2017年11月30日木曜日

ワークライフバランスではなく、"Work as Life" だと思う!

落合陽一氏の超AI時代の生存戦略を読んでおります。


この若者、凄いですね。
凄い勢いで変化する最先端IT技術と社会を適切な言葉で、表現しております。
AI時代の天才と言えると思う。

まだ、最初の方しか読んでませんが、感心したのが、「ワークライフバランスと言うバズワードは、変な表現だ。いつでも繋がる時代では、仕事とプライベートの境が曖昧で、仕事は生活であり、生活が仕事である。言ってみれば、Work as Life だ。」との事です。(貴公子の意訳ですので、こう書かれている訳ではないです。)

Work as Life、つまり、「人生としての仕事」と言う事で、まさに、人生のすべての局面が仕事と結びついていると貴公子は解釈しました。
要は、バブル末期のリゲインのコマーシャル、「24時間戦えますか?」の精神こそが、現代人は必要だと言う事になりますね。

この価値観は、貴公子の仕事観と合います。
貴公子は、毎日18時過ぎには、退社しますが、その代わり、自宅に戻っても、常にIT技術や国際ビジネスの知識をブラッシュアップしております。
つまり、Work as Lifeを実践していると思っております。

その意味では、貴公子は、究極のワークホリックかも知れませんね。(笑)
兎に角、この男、凄いです!

今日の名曲
1978年、杏里 「オリビアを聴きながら。」


2017年11月29日水曜日

【激白】 日馬富士関引退に思う。 ~ 気持ちは分かるが、良い人過ぎる!

横綱、日馬富士関が、後輩力士への鉄拳制裁の為に、引退に追い込まれました。
本日、引退会見を致しました。
→ 日馬富士引退会見速報(1)「横綱としての責任を感じて引退」

貴公子は、日馬富士のファンであったので、やはり残念です。
引退会見の中で、痛く同情したのは、下記の発言です。

>先輩力士として、弟弟子の礼儀礼節を正すことは先輩としての義務だと思う。
>叱ったことで彼(貴ノ岩)を傷つけ、ファン、世間を騒がせてしまった。

責任感の強い力士だったのですねえ。。。

そう言えば、貴公子も、若い時は、いつも強い責任感を持っておりました。
拓銀の時も、新人の分際で、「俺が拓銀を救ってやるんだ。」とずっと思っていたし、前職の日系グローバル企業に勤務していた時も、中途採用なのに、「俺が、この会社を立て直すんだ!」と、常に真剣に考えておりました。

前職の時、上司から、ある若手社員のメンターをやってくれとの業務命令を受けたことがあります。
この若手社員は、色々と問題のある若者で、他の人の手に負い切れないので、回りまわって、貴公子の指導下に回ってきました。

当時、とても張り切りましたねえ。。。
「会社の為にも、彼を戦力に育てたい。」と心底から、思いました。
そして、厳しくと言うか、丁寧に指導したつもりです。
(勿論、日馬富士の様に手は出しませんでしたが。)

しかし、そこはやはり、問題社員です。
しばらくすると、「パワハラだ。」と騒ぎ始めました。
すると、貴公子をメンターにアサインした上司は、内々では、貴公子に、「もっと厳しくやれ!」と指示していたのに、問題が起きた瞬間に手の平を返し、「そこまでやれとは言っていない。」とまた、いつもの様に逃げましたねえ。。。笑

まあ、いつもの「必殺技、梯子外し」なんですが、その上司と言うか、いい歳して、そんなよくあるトラップに嵌った自分に、本当に腹が立ちました。
4~5年くらい前の話です。

それ以降、貴公子は、「絶対に、変に会社に忠誠心を持たない。」と固く決意しました。
貴公子の例では、「その問題社員がチームの雰囲気をどれだけ悪化させようが、知った事じゃないし、その結果として、会社の業績が悪くなろうが、気にしない。」と言う事を強く意識する様にしました。

もし、本当に会社として、エンジニアの貴公子にそこまで期待するならば、「問題社員の人間教育担当、特命執行役員」とかのタイトルを会社は与えるべきだし、当然、「もっとも困難なタスク」をやらせる貴公子の給与を、3倍増位にすべきだと、今となっては思う。
何のタイトルも報酬も貰ってないのに、本業でもない、ダメ社員の人間教育を必死になってやろうとした貴公子自身の甘さに腹が立ちます。

その意味で、貴公子も当時、良い人すぎました。
この点は、「弟弟子の礼儀礼節を正すことは先輩としての義務」と考える日馬富士関と似ていると思う。

日馬富士関は、良い人です。
そして、貴公子は、日馬富士関が大好きです。

でも、誠に申し訳ないが、「責任感が強すぎる」と言う弱さがあったと思う。
弟弟子がどんなにダメでも、我関せずで、淡々と、相撲を取る強さが欲しかった。。。。

【暗号通貨投資】とうとう残高が、800万円を突破した!

Bitcoinは、本日、再度、史上最高値を更新しております。
11/29のBitflyerの残高

これに伴い、貴公子のBitflyerの残高は、800万円を突破しました。
11月に入って、330万円程度の純益が発生しております。

「1カ月で330万円の利益」と言う金額自体は大した事ないですが、月間の増加率は、70%であり、この数字には、完全に満足しております。
「月間70%」の増益と言うのは、バブル時代の最優秀のファンドマネージャーでも達成した事はない筈です。(年間70%なら、あったかも知れませんが。。)

その意味で、満足しております。
年末残高目標は、ずっと1000万円でしたが、上方修正の方向で考えております。

2017年11月28日火曜日

落合陽一氏の本を読む!

本屋をウロついていたら、面白そうな本がありました。
「東芝の悲劇」です。

東芝問題の専門家を自称し、「なぜ、組織は腐るか?」を研究している貴公子にとっては、とても関心のある話です。

でも、買うのを止めました。

考えて見れば、「ダメ企業を研究すること自体」が、意味がないのかも知れません。
今まで、読んだ各種雑誌や本で、東芝のダメさ加減は、完璧に理解しました。
これ以上、ダメ企業にお付き合いすることが、貴公子の取るべき道とは思えないと急に思い始めました。
神戸製鋼もそうだけど、こうしたダメ企業に、お付き合いするのは、今後は止めようと思います。いくら暇でも、これでは、「暇すぎる!」を通り越して、あまりにもバカっぽいですからね。笑

さて、そう思って、手に取った東芝本を戻した隣に、落合陽一氏の「超AI時代の生存戦略」と言う本がありました。
落合陽一氏は、貴公子が以前、心酔した国際ジャーナリストの落合信彦氏の息子で、日本国家公認の「天才プログラマー」です。(開成高→筑波大→東大院で現在30歳との事。)


早速、購入しました。
むさぶる様に読んでおりますが、高度に知的です。
薄い本ですが、内容が内容だけに、時間が掛かりそうですが、楽しみです。

この世には、凄い奴がいるもんですね。

【暗号通貨投資】 ETCとMonaが爆発した!

昨夜から、Ethereum Classic(ETC)とMONAが爆発しております。
従って、Bitflyerの残高は、前日比で32万円増であり、残高はとうとう、750万円を超えました。

11/28現在のBitflyer残高

ご覧の様に、ETCは、昨夜から50%以上、上げており、とうとう月初の3倍以上になっております。


また、MONAは、昨夜から2倍の上昇をしており、正に爆発しております。


暗号通貨には、この爆発があります。
MONAは、5月に1週間で10倍程度になった「前科」があるので、ETCにしても、MONAにしても、今回の上昇は、まだまだ序章です。
個人的には、ETCは、年末に掛けて、1万円突破、MONAは2000円程度まで、上昇すると思っております。

一方、貴公子が本当に期待しているのは、Rippleです。
Bitflyerでも扱っていないので、coincheckで大量保有しておりますが、こちらは、「1カ月で、たった30%程度」しか、上昇しておりません。(下記)


Rippleは、現在、30円程度ですが、近い将来、必ず「大爆発」すると思っております。
1万円どころか、10万円程度に簡単に上昇すると思っております。

貴公子は、ブロックチェーンや仮想通貨の専門家とも付き合いがありますが、あのレベルのプロ中のプロでも、Rippleの凄さを理解できていません。
でも、ある日、必ず、誰かが気が付く日がきて、その瞬間に必ず、「大爆発」すると思っております。

その時の爆発力は、BitcoinやEthereumの爆発力とは比較にならないレベルで、「1週間で1000倍」とかの爆発になると思っております。
それが、いつ来るのか?
明日か、来月か、来年になるのか???

2017年11月27日月曜日

【暗号通貨投資】 連日で申し訳ないが、書かざるを得ないです。

最近、仮想通貨投資の記事ばかりで、本当に、すいません。
今日こそは、「貴公子の最近の苦悩」について、書こうと思ったのですが(笑)、ここまで、仮想通貨が熱いと、書かざるを得ません。

見て下さい。
貴公子のBitflyerの残高ですが、前日比プラス50万円を超えております。
この週末だけで、100万円位、残高が増えたことになります。

11/27のBitflyerの残高

Bitcoinは、史上最高値を更新し続けております。
また、ETHやETCも絶好調です。
遊びで買った、MONAコインまで上昇しております。
暗号通貨は、ここ1カ月位、「連日全面高」と言う日が多いですが、ここ数日の勢いは、尋常ではありませんねえ。。。

それと、連鎖反応でしょうか?
貴公子にとっては、マイナー投資でしかない、株式投資でも、趣味で保有している一風堂(力の源ホールディング)の株価が、3倍近くまで、上昇してしまいました。笑

株式投資と暗号通貨投資を合わせれば、残高1000万円を大きく超えておりますが、今の貴公子の目標は、暗号通貨だけで、年末残高1000万円です。
今月末の運用成績次第では、上方修正するかもしれませんが。。。

まだ月曜日ですが、今週は、暗号通貨は熱いでしょうね。
期待しましょう!

2017年11月26日日曜日

Bitcoinは、100万円をとうとう突破した!

今年の初めに、10万円前後をウロついていた時から、「年末の100万円は固い。」とずっと言い続けておりましたが、随分と批判や嘲笑を受けましたねえ。。笑
曰く、「経済や財務の知識はある様だが、投資のイロハも知らないド素人だ!」や「テク二カル分析以前に、移動平均線も理解できていない。」みたいなコメントです。

ただ、この世の多くの人は勘違いしておりますが、金融とか投資と言うのは、製造業のオペレーションに比べると、実は、非常に単純です。
製造業では、カネの流れと同時に物流が生じるが、厄介なのは、カネの管理ではなく、物流管理と在庫管理です。
しかしながら、金融業には、この物流管理がありません。
従って、金融業は、もっともIT化が進められる分野だし、AIが簡単に取って代われる分野でもあるのです。
金融に関わる人の悪い癖で、「自分たちは、凄い高度な事をやっている専門家です。」と自称する人が多いが、貴公子は、完全に真逆だと思っております。

11/26の残高です。

さて、本日、2017年11月26日にとうとう、1ビットコインは100万円を突破しました。

でも、まだ冷やかしを受けますねえ。
「もう天井だ。後は暴落するだけ。」みたいな事を言う人が絶えません。。。。

笑止千万!

まあ、他人を冷笑するだけで、人生を終える残念な人が多すぎます。
「中国経済崩壊だ。」とか「韓国経済クラッシュ」とか、煽って楽しんでいる人が、ここ20年くらい、ずっとおりますが、中国経済は相変わらず絶好調、韓国経済も格差拡大が社会問題化しているとは言え、マクロ的には、良いパフォーマンスを出しております。

同じ意味で、インターネット普及時に、「あんなのはゲームおたくの遊びだ。仕事では使いモノにならない。」と多くの人が冷笑しておりましたが、現状は、言うまでもなく、真逆になっております。

ビットコインを初めとする仮想通貨は、今後ますます発展します。
2020年に、1ビットコインは1億円に到達すると思っております。

貴方は、やはり冷笑しますか?

2017年11月25日土曜日

【暗号通貨】 社会貢献の為に、稼ぐ!

またまた、仮想通貨の話です。
下記の様に、現時点でbitflyerの残高は650万円を突破しております。
10月13日現在で、431万円ですから、6週間で50%以上、増加しております。

11/25のBitflyer残高
10/13日の残高

230万円純益と言う金額自体は、大したことないですが、「6週間で50%以上」の運用収益は、我ながら、悪くないと思っております。
ここは、満足しております。
年末まで、あと5週間です。
あと50%上げれば、1000万円に届きますね。

さて、「そんなに儲けてどうするの?」と言う声が聞こえてきそうですが、答えは簡単、社会貢献するためのベース資金としたいと思っております。
まだ、完全な青写真で、具体的な事を言えるレベルではありませんが、ざっくりと言うと、経済的に恵まれない中高生を支援する様な活動です。

もう少し言うと、①副業で法人設立 → ②近所のオフィススペースを借りる。→ ③昼間は人を雇って、ビジネスをする。→ ④そのビジネスで利益を普通に出す。→ ⑤そのスペースを使って、夜はボランティアをする。

ハードルが高いのは、③ですが、まあ、そこはある程度の目安が付いております。
④の利益創出に関しては、あまりガツガツしておりません。
ランニングコスト程度が出れば良いので、そのビジネス自体で大きな利益を出す気はありません。

そんな感じです。
まだ、思い付きレベルですので、もう少しブラッシュアップできたら、また詳細を公表したいと思っておりますが(いつの事になるやら。と言う声はあるのでしょうが。)、今は、ガタガタ言わずに、ベース資金を稼ぎまくる時期だと考えております。
また、時期が来たら、ボランティアメンバーも募集したいと思います。