Sponsor Link

貴公子公式メールアカウント  naiveprince0507@gmail.com   メールお待ちしております!

Sponsor Link

人気の長崎旅行3泊4日の記事(2016年5月4日)はこちら。→ https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html

旅行カテゴリー記事はこちら → https://kanashimi-kikoushi.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E8%A1%8C

2017年12月31日日曜日

【ラン】今年の感銘を受けた本とランに関して。

今年も、あと数時間です。
本年最後のアップとなります。
皆さんは、どうお過ごしでしょうか?

貴公子は、今年一年をのんびりと振り返っております。
まあ、振り返りに当たり、ランと読書は外せませんね。

ランに関したは、去年に比べて、走り込んだ意識が薄かったのですが、たった今、Nike Runningをチェックしたら、年間1150キロ程度のランをしており、これは去年よりも50キロ程度、増えております。
非常に意外でした。。。

1150キロと言えば、ほほ月間100キロだし、公私とも忙しい中で、よく頑張ったと思う。
と言う訳で、ランに関しては、100点満点ですね。
来年は、フルマラソンの5時間切りを目標としたい。

さて、読書です。
IT系の技術書や今年秋から購読を始めたTIME Magazine、韓国語系の語学書は相変わらず、読み込みました。

しかし、そういう実用的な書ではなく、文芸書とかビジネス書としては、下記をベスト本として挙げたい。

まずは、落合陽一の「超AI時代の生存戦略」ですが、「落合信彦の息子と言う触れ込みだけが取り柄で大した事ないだろう!」と、あまり期待をせずに読んだようですが、IT技術の流れを体系的に理解して、それを平易な言葉で実社会での応用を説いており、正に天才。
すっかり、気に入りました。
今後も、彼の本は読んでいこうと思います。

もう一つは、年末になって読んだ、「自動車会社が消える日」。
これは、衝撃的です。
正に、激動の自動車業界で、これからこの業界は、面白いですね。
貴公子も、自動車産業に関わりたいと思い始めております。
そして、最後は、ここ最近、貴公子が心酔するマザーハウス山口絵理子社長の「輝ける場所を探して。」です。
「裸でも生きる」シリーズの3冊目ですが、やはり彼女は凄いです。
いつか、お会いしたい。

そんな事を考えながら、一年を振り返っております。
来年は、家探し(もっと広い部屋に移りたい。場所は今まで通り湾岸エリア。)も開始したいと思います。
では、皆様、良いお年を!

2017年を総括する。

大晦日です。
今年の1月7日に、2017年の目標として、下記の目標をブログにアップしました。
Reviewしてゆきます。
<貴公子、大晦日振り返り>とタグ付けして、インラインでのReviewとします。
この振り返りを経て、新年早々、2018年の目標をアップしますね。

2017年初の目標
================================
<総体として>
今年は、基本的に仕事(大手IT企業での事業開発)を頑張りたいと思う。
仕事に打ち込むことが、高いレベルでのITの知験を深めることにも直結するので、ここは譲れないと考えております。
ただ、変に会社で残業するのは止めようと思います。
この3連休もそうなのだが、仕事が終わらない場合は、それを自宅に持ち帰り、自宅でやる様な風にして、19時以降は基本的に会社にはいない様にする様に心掛けます。

<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
ここは、よく頑張った。
仕事では、主にIoT技術実装に携わったが、IoTは技術レイヤーが多段に及び、深いので、IT技術全体を俯瞰する様な形になり、IT技術を広く、見直すことができた。
ここは、2年前に今の会社に転職した大きな目標の一つだったので、そこは達成できたと思っている。IoT以外では、ブロックチェーン技術、SDN(Software Define Networks)等に関しても、もう一段、知識を深めることができたと思っている。
後、習慣化した残業をやめたので、概ね月間残業時間を30時間以内に収めることが出来たのも、大きな成果だと思う。100点。残業は、「罪悪」と言う観点で、今後も
<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>


<個別目標>
■ 春と秋に、高度情報処理技術者試験を受けて、2科目をきっちり合格する。
<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
2科目どころか、1科目も合格できなかった。(情報技術安全支援士は、午後Ⅱで躓いた。)敗因は、舐め過ぎによる勉強不足。全く、ダメです。
来年度、継続します! 20点。<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>

■ プログラミングの独習を続ける。(今年は、RubyとPython)
因みに、独学だと何となくだれてしまうし、かと言って、USCPAさえ独学で取得した貴公子には、今更、学校に通う気もありません。
そう言う訳なので、ネットでプログラミング作業を引き受けて、納品することで、プロの技量を身に付けたいと思っております。
<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
プログラミングの勉強自体は、進めた。(Java, Javascript, Ruby等。)
また、API技術もかなり深める事は出来た。
ただ、目標だったのは、知識習得ではなく、アプリ開発受託であり、それを更に進めて、プログラマー仲間を構築し、 サークルを構築する事であったから、その意味では、全く不十分。40点。勿論、来年度も継続!
<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>

■ 中国語をしゃべれる様になる。
兎に角、10年前の上海2年間駐在時のレベルに早急に戻し、今年中には、何とかビジネスが出来るレベルまでは持ってゆきたい。
一日1時間は、必ず勉強する。
<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
中国語の代わりに、韓国語の勉強を進めた。中国人ビジネスマンは、皆、英語が堪能なので、敢えて中国語でコミュニケーションを取る必要を感じなくなりました。一方で、韓国語は、ビジネスレベルで話せる日本人は少ないですね。また、韓国人は、中国人ビジネスマン程、英語がペラペラではないし、一方で、サムソンやLGの様な異様に元気な企業もあります。「北」の経済開放を視野に入れれば、韓国語習得は、Blue Oceanなのではないか?とも思っております。70点。
<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>

■ ランをしっかりやる。
フルマラソンを走り切るのは勿論、各種レースに出て、去年以上にしっかりやる。
月間距離は、120キロ目標とする。
■ 体重を5キロは落とす。
まあ、ランをちゃんとやっていれば自然に落ちるのであるが、これも目標に入れます。
<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
月間120キロは無理だったが、体重の5キロ減は、夏場に達成した。(今現在は、少し戻しているが、それでも3キロ減は達成した。レースも、12キロ、フル、ハーフと出場したし、合格点です。100点。
<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>

■ 酒は基本的に飲まない。
接待とかで、どうしても必要な時以外は、基本的に飲まない事にする。
と言うか、精確に言うと、飲んでいる時間がないと言うのが正しいかも。
<貴公子、大晦日振り返り_ここから>
酒は、ほぼ退けた。個人的に、自宅でゆっくり飲むような事は、そこそこあったが、習慣化していた「無意味な飲み会」への参加は、ほぼ「根絶」できた。120点でしょうね。
<貴公子、大晦日振り返り_ここまで>

2017年12月30日土曜日

【暗号通貨投資】 Ripple、とうとう爆発か?

貴公子が、Coincheckと言う取引所で、大量保有しているRipple(XRP)と言う暗号通貨ですが、ここ1週間位、急騰しております。

月間Ripple Chart, 2017年12月30日現在。

今年春から、貴公子は、Rippleに目を付けており、少しづつ購入しておりましたが、春から、1枚20円位の相場がずっと続いており、たまに30円を超えるが、また20円台に戻ると言う一進一退を繰り返しておりました。

そんなXRPですが、12月13日に、50円を初めて突破し、12/20には、100円突破。
本日(12/30)には、300円を突破しております。
貴公子は、20円台で購入しているので、半年で投資金額は、10倍に膨らんだ事になります。

なお、年初は1円未満でしたから、年初来では300倍です。
ただ、XRPの凄さを見抜いているのは、暗号通貨のプロの中でも、なぜかSBI(ソフトバンクインベストメント)等、ごく一部です。(SBI Ripple AisaのHPはこちら。

貴公子は、SBI関係者でも何でもないですが、Rippleは、来年前半に、1万円を突破し、来年末には10万円と予測しております。
そして、2020年には、100万円を突破すると踏んでおります。

このレベルになると、貴公子は、正に億万長者となりますね。笑
Ripple注視しております。

【高度試験】 結果が出ておりました。

年末を迎え、今年の総括モードへと入っております。

さて、10月に受験した、経済産業省がやっている高度情報試験(情報セキュリティー)ですが、「そう言えば!」と思い、サイトにアクセスしたら、結果が出ておりました。

4段階の試験をパスすると、「情報処理安全確保支援士」の称号が国家から与えられると言う試験です。(年2回の実施で、合格率は、12%~13%位の試験です。)
結果を先に言うと、今回は、4段階の3段階までパスしましたが、最終段階(午後Ⅱ)で引っかかり、不合格です。


まあ、今までの受験では、2段階目(午前Ⅱ)のマークシート部分で、3回落ちておりました。
今回の受験では、「午前Ⅱの問題の7割は、過去問のそのままの焼き直しである。」と言う事を初めて知り、試験日3日前から過去問だけを少しやったら、9割近く(88点)取れました。
まあ、手抜きな試験ですねえ。。。笑

兎に角、3日間しか勉強していないとは言え、IT系の試験で落ちると言うのは、非常によろしくないです。
次回は、来年4月になりますが、次こそは、もう少し勉強して、突破します。

恥ずかしいですが、アップしますね!

2017年12月29日金曜日

価値観は年齢と共に劇的に変わる!

20代から30代に掛けて、自分自身も空手&キックをかなり真剣にやっていたし、年末のこの時期は、年末の格闘技大会観戦に夢中でした。
2000年頃は、今と違って、大みそか夜には、民放各局で、K1、Pride、プロレス、ボクシングの生中継が同時間帯にやっており、「普通の番組」をやっている民放は、テレビ東京位でしたねえ。。。
当時、世の中は、格闘技ブームでしたが、その中でも、貴公子は平均以上に嵌っていたと思います。

今年の年末は、RISINと言う総合格闘技系のイベントとボクシングがテレビ放映されるようですが、2000年ごろの隆盛を知っている貴公子には、もの足りないし、そもそも、格闘技に興味が消え失せましたね。
今や全く興味がないと言うレベルであり、ここ10年位で、随分、自分の思考が変化したなあと、妙に感心しております。笑

同様に、最近、別記事で何度か書きましたが、呑み会に対する考え方や、会社組織に対する考え方、周囲の人間関係に対する考え方等が、ほとんど、真逆と言っていい位、ここ数年で変化しました。
政治思想に至っては、長い間、新自由主義者で国枠主義者で保守主義者でありましたが、最近は、国際協調と社会福祉重視の典型的な「中道やや左」で、支持政党は立憲民主党へと変化しました。(立憲民主党には、今後とも期待したい!)

心酔するビジネスマンも、ガチガチの新自由主義者の大前研一から、マザーハウスの山口絵理子やFacebookのMark Zuckerbergへと変化し、ビジネス視点も米国中心から最近は中国中心へと移っております。

そんな訳で、自分自身に於いても、大きな価値観の変化が起きているなあ。。。と言うような事を、年末に当たって、ぼんやりと考えております。

兎に角、年末は、ゆっくりします。
さあ、今日はどこに行こうかなあ。。。


今日は、仕事納でした!

本日が仕事納でした。
朝は、少し早めに出社し、机の周りの整理や、いくつかのメール処理だけをやりました。
11時過ぎには、やることも無くなったので、午後半休を取りました。
新宿を少しぶらつきながら、銀座に移動し、映画を見たりして、午後はのんびりと過ごしました。

まあ、今年一年は、公私ともに成果が大きかった年だと思います。
仕事に関して言えば、丸2年間担当したIoT技術に関しては、やっと全体像が理解できた気がしております。
ブロックチェーン技術も、本ブログでも書いたように、会計士協会で講演もしたりもして、知識を深める事ができたと思うし、仮想通貨投資に関しては、専門家を自称したいレベルに達していると思っております。
それ以外のIT技術に関しては、SDN(Software Defined Networks)に関しては、かなり詳しくなったと思っているし、API実装を通して、アプリケーション開発に関しても、大きく知識を深める事が出来ました。

そんな事を、本日午後は、ゆっくり振り返っておりました。

年末年始ですが、特に、予定はありませんね。
まあ、自宅で読書をしたり、近所で子供と遊んだりして、過ごす予定です。

今、読んでいる、この本は、面白いです。


「自動車会社が消える日」と言う新書ですが、EVを含めた技術革新全体も分かり易く書かれており、最近の自動車業界の全体像が理解できます。

また、最近、Time誌Web版を申し込んだので、過去のTIME誌をすべて、読むことができます。これは、秀逸ですね。
と言う感じで、正月はのんびりします。

今日が仕事納の人は多いと思います。
皆さんもお疲れ様でした!

2017年12月27日水曜日

【仮想通貨投資】連続投稿ですいません。簡単に書きます。

12月上旬から、中旬に掛けて、急騰したBitcoinですが、先週一杯は、急落もあり、大変、不調でした。
しかしながら、先週末から反転を始めており、Bitcoinは、180万円を回復しました。

12/26残高
これに伴い、貴公子の円建残高も、1200万円近くまで、戻しております。
年末目標残高は、1500万円ですが、貴公子は、届くと思っております。

では、年末まで、もう少しです。
皆さん、頑張りましょう!

2017年12月26日火曜日

先週の呑み会の話! ~ ぶっちゃけ、少なくとも社長じゃないとコスパが悪い! 

先週、丸ビルの5Fで、旧知の機械系エンジニア2名とのささやかな飲み会がありました。
丸ビルですから、エスカレーターで、5Fまで上がっていったのですが、4Fに到着した瞬間に、マザーハウスの店舗が目に飛び込んできました。

丸ビルに店を出したのですね。
知らなかったです。→ マザーハウス、丸ビル店

ここで、会うのも縁だと思ったし、クリスマス前だったので、妻にちょっとしたプレゼント(ストール)を買いました。(Made in Nepal)
ユニクロの類似品に比べれば、値段は軽く10倍を超えるけど、品質と言うか、モノに温かみがあります。

貴公子は、ファッションには、普通に気を使っていると自負しておりますが、温かみを感じるブランドと言うのは、マザーハウスが初めてですね。
(エルメスには気品、貴公子のお気に入りのBurberryにはセンスを感じますが、温かみを感じるのは、マザーハウスだけですね。)

とまあ、丸ビル4Fのマザーハウスで買い物をしていたので、飲み会には少し遅刻してしました。

↑ ↑ ↑
前置きここまで!

さて、飲み会はメンバーも素晴らしく、飲み会自体も秀逸でした。
一人は、外資系の産業機械メーカーの日本法人代表であるA、もう一人は1部上場企業の技術主任のBでした。
Aは、相変わらず、アグレッシブで、いつも刺激的です。
この日は、普段は寡黙なBが、面白いことを言っておりました。

曰く、
・ オーナー企業創業者が、70歳とか80歳になっても、元気に世界を飛び回って仕事ができるのは、サラリーマンみたいに上の顔色を窺っていないからだ。
・ 上場企業の社長と言うのは、しょせん、サラリーマンであり、単なる消耗品でしかない。しかし、それでも社長なら、ある程度の裁量は与えられているので、最低限の意味はある。
・ 逆に言えば、上場企業で、本部長とか役員と言ったて、しょせんは、上から指示を受けて動いているだけだから、平社員と本質的には同じだ。繰り返しになるが、上場企業なら、社長以外は意味がない。
・ 人生100年時代を見越せば、自分の裁量で仕事をする事が、苦労が多いかもしれないが、結局は、堅い生き方だと思う。サラリーマンなら、60歳にもなれば、皆、疲れ切ってしまうが、起業している人は、70歳でも75歳でも、みんな元気一杯だ。そうであるから、経済面だけを考えたって、起業した方が、長い目で見れば、有利だと思う。

どの言葉も非常に深いと思います。
貴公子的には、「役員もヒラも本質的に同じ。」と言うくだりには、刮目しました。笑
今まで、誰も指摘しなかった観点ですが、確かに「本質的には一緒」かも知れませんね。

貴公子は、技術者であるので、あまり出世にはこだわらない方だと思うが、この発言を受けて、ますます、こだわらなくなりました。
「最低、社長でないと無意味」と言うのも、凄いロジックです。

実りのある飲み会で、とても楽しかったし、有意義でした!

極めて酒量の少ない年末を送っております。

いよいよ、年末ですね。

毎年、この時期は、各種飲み会に参加するどころか、むしろ積極的に企画するので、かなり酒量が増えますが、今月は、明日の中国人IT起業家グループとの飲み会を含めて、2回だけですね。。。。

要は、参加する飲み会を、大幅に絞っております。
酒が嫌いになったと言う訳でもないですが、理由はいくつかあります。

例えば、75歳まで現役のビジネスマンである事を目指しているので、健康に気をつかっているとか、飲み会に参加している暇があるなら、プログラミング独習をしていたいとかです。
ただ、一番、大きな理由は、「みんなでワイワイ」と言うのに、全く興味が無くなったと言う点に尽きます。
仮に飲むとしても、自宅で東京の夜景をみながら、読書しながら、ワインを静かに飲みたいと思っております。
これは、年を重ねる中での大きな変化です。

従って、不特定多数の会社の同僚と、その辺の安居酒屋でワイワイと言うのには、貴公子の人生に於いて、もう2度と参加する事はありませんなあ。。。
はっきり言って、そういうレベルの飲み会には、全く価値を見出せないどころか、貧乏くさいので(笑)、今や毛嫌いしております。

仕事の価値観と言うよりも、人生観を共有できる人と、静かに語りながら酒を飲むのは、とても楽しいし、その意味で、明日の飲み会も楽しみにしておりますが、それ以外の、訳の分からない飲み会は、今後は、全部カットだ!

お客さんとの接待みたいのも、今後は、極力全部、排除する方向で考えております。
「酒の席でないと、話せない。」との言い分はよく聞きますが、そんなのは、メンタルの弱さを象徴しているだけだと思っております。
従って、接待の価値を全く感じません。
話したいことがあるならば、シラフで、会議室にて、声を大にして言うべきだと思う。

今後は、会社の同僚にせよ、会計士仲間にせよ、大学の同級生にせよ、酒席の相手は、かなり厳しく選別させて頂きます。(笑)
基本、面会は、スタバで全部済ますつもりなので、すいませんが、貴公子が飲み会に参加する事は、今後は非常にレアになります。

また、飲み会をするにせよ、その辺の貧乏くさい安居酒屋は、ありえません。
ミシュランの星がついているレベルの店で、ワインを傾けながら語る以外のオプションは、今後はありませんので(笑)、割り勘とは言え、貴公子と飲む際は、それなりの金額を御用意ください。(重ねてすいません。)

と一方的な宣言になってしまいましたが、それくらい、飲み会の価値を感じなくなりましたので、ご理解をお願いしますね。(笑)

【暗号通貨投資】 各種怪情報が流れる中で、本質を突いた意見だと思いますので紹介します!

本年10月29日にCCNと言う仮想通貨サイトに掲載された記事です。

Interview: Bitcoin Exchange Binance on China’s ICO Ban, Burning $1.5 Million in Tokens & More

Binanceと言う、シンガポールに拠点を置く、最近、元気の良い仮想通貨取引所のCEOがインタビューに答えております。
記事全体が面白いですが、仮想通貨市場はバブルか? と質問された際のCEOの回答が秀逸ですね。

=================
>CCN : Is the cryptocurrency market in a bubble?

>CEO : No, absolutely not.
>We have just seen how tough bitcoin’s price can with stand pressure.
>If you imagine any company stock on a fiat exchange, facing this type of
>pressure from the government, their price would have gone to 0 long long ago. >The fact that bitcoin price stood high is a testament that it is not a bubble.
>In fact, it is extremely solid.
==================

要は、「バブルではない。」との事。
中国政府が非常に強い規制をかけた時も、相場は上昇し続けていた訳で、このことだけをとっても、バブルではない事の証左であるとの事。

まあ、そうですよね。
この辺の考え方は、貴公子の見解と完全に一致します。

また、貴公子は、最近のビットコインの価格調整で、「バブルが崩壊した!」と言う論調にも強い不信感を感じます。
Bitcoinは、今年に入って、15倍に上昇している訳で、確かに直近で、30%程度、下落しましたが、まだまだ十分に高い状態にあります。

カネが絡む事なので、みんなが色々な意図を持って、誘導情報を流しますが、そう言う怪情報に惑わされたら、それこそ、負けだと思っております。

Binance CEOの各種見解を、貴公子は信じております。
Bitcoin相場ですが、今月中旬から、調整局面に入りましたが、昨日位から、また落ち着き始めております。
年末までに、1ビットコインは、200万円を回復すると貴公子は、踏んでおります。

2017年12月24日日曜日

【有馬記念2017】 システム障害は朝になっても継続中です。(続報)

さて、有馬記念当日です。

キタサンブラックの引退試合で、盛り上がっております。
しかし、JRA(中央競馬会)のネット投票画面(即PAT)が、あろうことか昨夜から死亡しております。

12/24 7:55AM現在

ネットで馬券が買えないという『異常事態』が一夜明けても継続中です。
こんな大規模システム障害は久しぶりですね。

貴公子も、少々、突っ込もうと思ったのですが、買えませんなあ。。。
と言う意味で、貴公子も立派な『被害者』です。笑

俺が直してあげますので(笑)、関係者の方は、メール下さい。
都内なら30分以内に飛んでいきます!

 

有馬記念当日ですが、ネット投票システムが落ちております!

さて、たった今、日付が変わりました。
本日15時過ぎの有馬記念は、キタサンブラックの引退試合ですので、盛り上がっておりますが、JRA(中央競馬会)のネット投票画面(即PAT)が、あろうことか死亡しております。

曰く、「現在、即PATシステム(ジャパンネット銀行)はシステム障害により、入出金できない状況です。」との事です。

12/24 0時現在
しかし、よりによって、有馬記念の当日に、システムが落ちますかねえ。。。
この障害により、馬券を購入できない人は、数百万人に上ると思われます。(貴公子も買えない。)

JRAにとって、これは、飛んでもない損失なんじゃないですかねえ。。。
これは、どこのIT企業が、JRAのシステムを担当しているか知りませんが、有り得ない大失態です。
IT史に記録される大惨事ですね。。。。

本件、経緯を見守ります。

2017年12月23日土曜日

【暗号通貨投資】 株式投資に比べ、難度が高いと思う。

さて、昨日、400万円以上、急落した貴公子のBitflyerの口座残高ですが、本日は、急回復をしております。
12/23時点のBitflyerの残高

まあ、相場の上げ下げで一喜一憂するほど、暇ではないですが、やはり急落すると気分が悪いのは事実です。
但し、今回の急落と急反発で、やはり仮想通貨の未来は明るいと思いました。
もし、根拠のないバブルならば、こうした急落に耐えられずに、暴落に次ぐ暴落となる筈ですから。。。。。

個人的には、暗号通貨投資をする人には、下記が必要と思います。
・ ブロックチェーン技術を理解するITリテラシー
・ 貨幣論を正確に理解する経済学の素養
・ 過去のIT技術発展史を理解する技術知見
・ バブル経済を正確に理解し、暗号通貨投資との違いを理解する歴史素養
・ 相場の急の上げ下げにも動じない、冷めた感性

こう考えると、多少の財務諸表読み取り能力は必要であるが、単なる賭場と化している株式投資とは、難度が違うと思います。
仮想通貨投資には、幅広い知識や教養が必要と感じております。

さて、明日は、有馬記念です。
いよいよ、年末が近づいてきましたね。

【ラン】 ハーフマラソン大会に出場しました。

2015年11月から、レースに出場を始めて、本日で10レース目となります。

フル3回(完走1回、37.195キロ関門1回、35キロ関門1回)
30キロ 1回
ハーフ 4回 
12キロ 2回

小規模な大会だったので、身バレを防ぐため、開催場所やタイムを、いつも通り、ぼかして書きます。
コースですが、ほぼ平坦とは言え、大きなアップダウンが周回コースに2箇所あり、結構、キツイかったです。
また、開始直後は気温も高く、風も穏やかだったのですが、1時間経過後から風が強くなり、結構、寒くなりました。

さて、レース経過です。
最初の10キロを55分。
この時点で、思ったより、遅い事に気が付きました。
2週間前に出場したあの超難コースのフルでも、最初の10キロは55分だったので、非常に遅いと思います。

15キロ通過は、1時間25分。
ここまでは、まあ許容範囲だったのですが、17キロ付近で、足をつってしまい、大失速です。
20キロ通過が、ちょうど2時間。
結局、2時間数分を記録した自己記録より、5分程度、遅かったです。

まあ、そんなレースでした。
体調は良かったです。
ただ、2週間前のフル(37.195キロで関門だったけど)からあまり時間が経っていないので、「走り切ろう!」と言う気概が足りなかった気がします。

また、フルは、タイムよりも完走が目標となりますが、ハーフはタイムを狙うので、フルにはないプレッシャーもあります。
ハーフを舐めてはいけませんね。。。

目標とする2時間を切れなかったのは、残念ですが、初めて走るコースだったし、最近は、公私ともに忙しかったので、まあ、80点を上げたいと思います。
今年のレース出場は、今回で終了です。
12月30日に江戸川区荒川で30キロレースがあるので、出場したい気もあったのですが(まだエントリー間に合います。)、今日のレースで足を痛めたので、止めにしますね。

今日出場したランナーの皆さん、お疲れ様でした。

2017年12月22日金曜日

【仮想通貨投資】 仮想通貨全面安!

暗号通貨は、上昇する時は凄いですが、落ちる時も見ごたえのある落ち方をしますね。笑
前日比、マイナス400万円を超えております。
12/22残高

まあ、色々とありますが、貴公子は動じません。
要は、こういう時に、狼狽売りをしません。
暗号通貨と心中するつもりで、キープします。

と言うか、来年は、1ビットコインが2000万円を超えてくると思っておりますので、短期的な上げ下げには動じませんね。

この辺は、ポーカーと似ております。
一日、10時間、マカオのカジノでテーブルを囲んでいれば、2~3時間はどうしても調子の悪い時は出てきます。
そういう時に、打ち方を変えたり、動揺したりしたら、本当に負けです。
実力があるのならば、ポーカーフェイスで淡々とプレーをこなしている内に、潮目が変わり、一日トータルで見れば、大幅プラスで終わることが多いです。

暗号通貨には、実力があると思っておりますので、涼しい顔で、淡々と潮目が変わるのを待ちます。と言うか、Coincheckの口座の方では、この急落時に、NEMを買い足しております。

さて、最後に良いニュースをひとつ。
Goldman Sachsが仮想通貨取引参入です。
→ Goldman Is Setting Up a Cryptocurrency Trading Desk

明日は、今年最後のハーフマラソン出場ですので、もう寝ます。
お休みなさい!

2017年12月19日火曜日

高校時代の友人を追悼します!

昨夜遅く、親交もない高校の同級生Aから、突然、メールがきました。
同級生Bが、心不全で永眠したのとの緊急連絡でした。
貴公子は、Bとは、高校時代、一時、親しくしておりましたので、ショックです。
今日は、普通に会社に行きましたが、やはり頭から離れなかったです。。。
既に、葬儀も親族だけで終えた様で、最後の挨拶もできなかったので、本ブログにて、追悼したいと思う。

超エリート家庭の子息が多い、かなり特殊な男子高に、新宿スラム街の公立中学校から入学した貴公子は、全くなじめませんでした。
非常に、いけ好かない奴が多かった。
しかし、Bは、そんな貴公子にとって、心を許せる数少ない友達でしたね。

彼は、優秀と言うか、勉強熱心なタイプで、東大法学部を目指して、勉強しておりました。
一緒に、浪人して(貴公子は代ゼミ、Bは駿台)、貴公子はまあ普通に勉強して、普通に慶応経済に入りましたが、Bは、駿台時代から、がむしゃらに勉強して、浪人時代は全国模試で一桁順位を連発しておりました。
それでも、なぜかまた、東大に落ちて、Bは2浪目に突入。
浪人2年目は、さらに優秀な成績を予備校で出していたらしいが、またもや東大法学部はダメでした。
結局、Bは、2浪して、早稲田法学部に行きました。

Bが早稲田に入学したころ(その頃、貴公子は慶応経済2年生)、「久しぶりに一杯呑もうぜ!」みたいな話をした記憶があるが、そのころ、Bは司法試験予備校に通い始めており、「勉強が忙しいからダメ。」みたいなことを言われて、随分と呆れた記憶があります。
ただ、それくらい、Bはストイックだったし、貴公子の記憶では、いつも勉強ばかりしていた記憶があります。
そんな事もあって、遊び好きの貴公子とは、徐々に価値観の違いが露呈して、疎遠になってはいきましたねえ。。。

最後にBに合ったのは、貴公子が大学3年生の時だったと思う。確か。。。
場所は、池袋だったと思うけど、定かではありません。
高校の同級生が数人集まって呑む中に、Bも居た記憶があります。
遠い昔の話で、非常に記憶が曖昧だが、貴公子や他の連中がブランド服を纏っているのに、Bは高校時代と同じ垢ぬけない服装で、重そうなカバンの中に、司法試験の参考書を大量に入れていました。
みんなで、「ダサいなあ。。。」とか言って、酒の席で、冷やかした記憶があります。

その時に、Bに会ったのが、最後の筈です。
その後、Bは、非常に苦労して、30歳近くになって、司法試験を突破しました。
中堅法律事務所にて、企業法務担当弁護士になったと、他の同級生から聞きました。

いつも勉強ばかりしている奴だったが、心が綺麗なところがあって、高校時代の貴公子とは、なぜかウマが合いました。
高校卒業以降、ずっと、Bの事は忘れていたのですが、2~3週間前に突然、彼の高校時代の事を思い出して、「そう言えば、あの時は、俺も下らないことでムキになって、Bに悪かったなあ。」とか感じ入ったものでした。
昨夜の訃報に拠れば、Bが逝去した頃に、貴公子がBの事を、25年ぶりに思い出した事になるので、最後の挨拶をBは貴公子にしたかったのかも知れませんね。
まあ、不思議な事象でしたねえ。。。。

高校卒業以降、接触はなかったが、Bは貴公子の数少ない高校時代の友達であったので、喪失感はあります。彼は結婚していたのか?あるいは子供がいたのか? も貴公子には分かりません。
逆に言えば、彼との時間は、高校時代で止まったままですね。。
名家出身だったBには、特有のプレッシャーが幼少の頃からあった事は、高校時代から感じていたし、その後のBの人生も、制約や自制の多い人生だったと思う。

その意味では、「お疲れ様。ゆっくり休んでね。」と伝えたい。

【暗号通貨投資】 年末口座残高目標1500万円に向けて、カウントダウンに入ります。

Ethereum(ETH)とEthereum Classic(ETC)ですが、ここ一カ月位で、じわじわと上昇しております。
11月下旬に4万円弱であったのに、本日は、10万円を突破しております。

ETHとETCの可能性に関しては、1年半前から調査しており、ETHは当時、700円程度で購入しましたが、既に150倍程度、上昇しておりますね。
150倍と言う数字には、満足しております。

そういえば、先日、仕事でオリックスのCar Sharingを利用しましたが、Ethereumのブロックチェーンを使う事で、もっと簡単にかつ安価に、システムを構築できると考えております。
近々、ブログ上で、公開提案書をアップしますので、ブロックチェーン技術に興味のある人は、楽しみにしてください。

さて、月初では、年末目標残高は、1000万円でした。
その後、1050万円に上方修正しましたが、それもクリアし、1200万円も1週間前にクリアしております。
現在、1400万円を超えておりますので、年末目標の1500万円は視野に入っております。

12/19 の残高


本日より、カウントダウンに入ります。
ただ、まだあと、10日あります。
クリスマスごろに、再度、目標の上方修正ができると最高ですね。。。。

2017年12月17日日曜日

これが、ブランドの力なのでしょうね。。。


子供と街をうろついていたら、前を歩ているオッサンが、このWind Breakerを着ておりました。
超クールでしたねえ。。。


マウンテンジャケット(メンズ)

サンフランシスコの企業である、The North Faceブランドです。

THE NORTH FACE

登山用ウェアが発祥らしいですが、今やアウトドア用のファッション企業としては、世界最大です。
まあ、オッサン自体は、あまりカッコよくなかったですが、The North Faceを着こなしている、あのオッサンはカッコ良かったです。

因みに、高級ブランドです。
上のモデルは、5万円ちょっとします。
最上級モデルだと、8万円程度する様です。

ただ、カネの問題ではないですね。
類似品なら、ユニクロで、2980円で売っているかもしれませんが、The North Faceじゃないとカッコ良くないです。
まあ、これが、ブランドの力なのかも知れませんが。。。
因みに、暖かい日本の冬では少し大袈裟かも知れませんが、寒冷気候のソウルでは、爆発的な人気を誇っており、非常に多くの人が着ております。

と言う訳で、その足で、近くの正規代理店を探し、貴公子も一着、買いました。
やっぱり、カッコ良いです。

ユニクロとかシマムラの10倍の価格なのかも知れませんが、それだけのブランド力はあります。
これが、ブランドの力ですね。
The North Faceは、超クールです。

【仮想通貨投資】 Bitcoinは、新高値更新です!

「年末の「ふるさと納税」をいくらすれば良いのか?」 を確定申告のシュミレーションをしながら精密計算していたので、すっかり深夜になってしましました。

深夜ですので、簡単に書きます。

数日間、動きが無かったBitcoinですが、新高値を更新しております。
これに伴い、高い壁であった、Bitflyer残高1300万円を先程、突破しました。

尚、Daily Rangeは、2が7個並んでおり、壮観ですね。


一段高が年末に掛けてあると考えております。
Bitflyerの年末目標残高は、1500万円に上方修正しております。
12/17現在の残高

2017年12月16日土曜日

【今夜の名曲】 週末なので、軽くいきましょう! ~ ノスタルジアに浸る。


バブル初期の1980年代初頭に、荻野目洋子と言う歌手がおりました。
代表曲は、1985年のダンシングヒーロー。

当時もそこそこでしたが、最近、大阪の高校ダンス部が、この曲でダンス大会に優勝したとかで、再ブレークしたようですね。
Youtubeの再生回数が、32年の時を経て、急伸しているそうです。
あれから、32年ですね。。。。

バブル絶頂期の1989年に、貴公子は東京で高校生をしておりましたが、一セット10万円のスキーセットを、高校生が競うように買っていましたねえ。。。
そんなバブル末期に、浪人を経て、大学に入学した貴公子が嵌ったのが、パチスロでした。その頃のパチンコ屋(当時は、ホールとかパーラーと呼ばれておりました。)は、その多くがスロットマシンに比重を移しておりましたが、当時、大人気だった機種が、アラジンと言うマシンです。
ミニ

今みたいに、規制がほとんど無い時代であり、あの頃のパチンコ屋は、賭場と言う雰囲気が凄く、貴公子もあの怪しい雰囲気に惹かれました。
学生時代の一時期は、プロを目指したものです。笑

さて、このアラジンと言う機種は、大当たり一発で10万円と言われたモンスターマシンで、学生やサラリーマン、OL、主婦が朝から、数万円を握りしめて、開店前のパチンコ屋に並んでおりました。
朝から打ち始めて、閉店までで、一日で20万円~30万円を稼いだと言う話は沢山ありました。今では信じられませんが、当時は、夜の民放番組で、2時間モノのプロのスロッター特集が毎週の様に組まれている様な時代でした。
そして、「ホールスタッフ」、つまりパチンコ店員は、人気バイト先として、学生が殺到したものです。
正に、一億総ギャンブラー状態でしたねえ。。。
そんな環境ですので、随分と、ギャンブル依存症を生み出して、当時は、社会問題にもなりました。
あれから、25年ですかあ。。。。

あの頃に比べると、パチンコ屋は最近は、随分と健全になった様ですね。
テレビコマーシャルで、パチンコチェーンが社会貢献を訴える時代ですからね。
まあ、ある意味、退屈な世の中になったものです。

そんなどうでも良いことを、ジョギングしながら、考えている内に、土曜日も終わりとなりますね。

1998年の相川七瀬のヒットソング、Nostalgiaです。
相川七瀬の曲は、基本的にどれも好きですが、この曲が貴公子的にはベストです。
あれから、20年ですね。

【ふるさと納税】年末までに終えないとアウトですよ!

たまには、会計士らしい記事を書きますね。
ふるさと納税ですが、年末までに実行しないとアウトですので、まだの人は直ぐにやりましょう!
貴公子も、急いでやりますね!

ふるさと納税での控除額計算の最強サイトはこちらです。
→ 「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション
他のサイトは、医療費控除や保険控除、あるいは住宅ローン控除をしっかり計算しておりませんが、このサイトは、そこを含んでおります。

こちらのサイトには、下記の記載もあります。

>税金控除を受けるには、「確定申告」のほか、確定申告を行わなくてもふるさと納税
>の寄附金控除を受けられる「ワンストップ特例」も利用可能です。
>※「ワンストップ特例」での申請の場合は、1年間の寄附先が5自治体までになります。

貴公子は、確定申告を行いますが、サラリーマンなら、上記の「ワンストップ納税」をすることで、一番手間が省けると思います。
「ワンストップ納税」により、自動的に、来年度の住民税から寄付金額総額から2000円を引いた金額が、控除されますので、手間なしです。

ただ、貴公子の様に確定申告をする人は、色々と考えないといけません。
一般的には、医療費控除や各種保険控除、リフォーム控除等が必要となりますが、サラリーマンながら、副業をやっている人は、それ以外にも、控除項目が沢山あります。
例えば、投資用不動産の売却益等は、雑所得になるので、その場合は、別途、申請も必要になります。
尚、馬券の当選金からは、外れ馬券の損金も損益通算できるとの最高裁判決が出たので、プロの競馬投資家は、そこをしっかり、損金申請する事も必要となります。

確定申告A表は、こちらの国税局のサイトからダウンロードできます。
→ 確定申告A表
尚、去年から、確定申告は、完全にネット完結できます。

とまあ、確定申告する場合は、色々とありますが、サラリーマンなら、普通に「ワンストップ納税」すれば、確定申告不要となりますので、簡単に考えましょう。

尚、共稼ぎで、配偶者が扶養家族となっていない場合は、配偶者もしっかり、「ふるさと納税」をすべきですので、お忘れなく。。。

2017年12月15日金曜日

【暗号通貨投資】 Rippleの爆発宣言は、まだしません!

数週間、気にしていた韓国政府のBitcoin規制ですが、昨夜、緊急アップした様に、大した話では無かった様です。

Korean Regulation Fails to Shake Bitcoin Market But Could Wipe Out Some Exchanges

>The regulators said from the start that they aim to curb the overheated
>cryptocurrency market. However, their announcement did not have a large
>impact. According to the Herald Corporation’s the Investor: The market
>appears to be relieved because a blanket ban suggested by
>the Ministry of Justice was not adopted.

話先行で、厳しい規制が課せられる様な噂もありましたが、大した事は無かったです。
大体、今更、規制しようとしても、インターネットを止められなかった様に、暗号通貨を止められる訳がありません。

さて、貴公子は、暗号通貨の未来に関しては、とても楽観的です。
過去3年間のBitcoinのチャートですが、ご覧の様に、取引量を伴って、急伸しております。(因みに、縦軸は、USドルです。)


この動きが止められる訳がありません。
2018年は、暗号通貨が一段高となるでしょうね。

それと最近、「カネを出資するので、貴公子に運用を任せたい。」とメールで申し出てくる方がおりました。笑。
申し出は、光栄ですが、ファンドを作るのは、サラリーマンの副業ではキツイし、他人のカネを預かる勇気はありませんね。。。
それに、一応、貴公子は会計士なので、変な事をして免許停止になったりするのも嫌なので、ファンド組成は辞退いたしますね。
すいません。。。。

ただ、どうしても「貴公子の様に、稼ぎたい!」と思うのでしたら(笑)、ポートフォリオは随時、ブログにアップしているので、その組成比率で、御自身の予算に合わせて、コピー運用すれば良いと思います。

12/15現在のBitflyerの残高

最後に、貴公子が前々から、強く推しているRippleの話です。
Bitflyerでは扱っていないので、貴公子は、Coincheckと言う取引所にて、大量購入しました。
貴公子は、20円台の時に、買ったのですが、最近、やっと、少し上昇してきました。
12月15日現在で、100円弱です。

直近1カ月のチャート

ただ、暗号通貨の世界では、1週間で5倍と言うのは、「甘い」です。
シャバ(一般社会)の数十倍のスピードで動いているのが、ITの世界ですから、1週間と言う事は、シャバでの半年とか1年に当たります。
「一年で5倍に上昇する株」なんてのは、あまり珍しくありませんので、この程度では、全然ダメです。
貴公子が言うところの、暗号通貨の爆発は、1週間で1000倍とかの話です。

その意味で、移動平均線とかテクニカル分析とか、「シャバの物差し」を、暗号通貨の世界に当て嵌める輩には、全く賛同できません。
イメージとしては、YahooとかFacebookとかの創業期に投資する感覚に近いと思っております。(Yahooの株価は、数年で1万倍とかになりましたねえ。そう言えば。。。。)

従って、この程度の上昇は、「Rippleの爆発」とは認めません。
現在、100円弱ですが、とりあえず年内に1000円までは上がるとは踏んでおります。
来年、Rippleが、10万円に迫った時に、貴公子は、正に昇進正銘の億万長者となりますなあ。。。
その際は、資産の半分を、ボランティア活動に突っ込みます!

2017年12月14日木曜日

【緊急アップ】 Bitcoinは、明日、上昇しそうです。

数週間前から、Watchしている件です。
明日、韓国政府がBitcoinに関して、何かしらの発表をします。

「Negativeな内容で、Bitcoinエコシステムに、マイナスな影響を及ぼすかも。」との見方が多かったですが、先程、ハンギョレ新聞が、明日の韓国政府発表内容を、スッパ抜いたとの事です。

→ Leaked: South Korean Government’s Four Bitcoin and Cryptocurrency Regulations Joseph Young on 14/12/2017

>Contrary to many reports that were released this week, the South Korean
>government is not banning or cracking down on cryptocurrency trading.

まあ、大した事は無さそうです。
と言う訳で、明日の韓国政府の発表後に、大きくBitcoinの相場は上昇すると思います。


現在、残高は、1200万円を少し超えた程度ですが、今回の韓国政府の発表を受けて、Bitflyerでの年末目標残高を1500万円と致します。

さて、明日は金曜日です。
あと一日です。
頑張りましょう!

2017年12月13日水曜日

bitcoinは、世界共通通貨だ!

バブル末期の1990年代初頭と、2010年ごろに、アジア統一通貨構想と言うのがありました。
「アジアでユーロみたいな統一通貨を作ろう!」と日銀が頑張りましたが、韓国や中国の反発もあり、またそれ以外の各国との調整も全然ダメで、構想だけに終わりました。

まあ、日銀の優等生諸君が考えそうな、如何にも机上の空論ですね。
そんな事が、上手くできる訳ないじゃん。と直感的に分かります。
普通に考えて、全世界での核兵器廃絶よりも、遥かに難易度が高いです。。。。

そんな風に考えれば、Bitcoinを初めとする暗号通貨は、この辺の敷居をアッと言う間に飛び越えていきました。
Bitcoinは、今やアジアどころか、世界共通通貨です。

今でも、「Bitcoinは貨幣ではない。」と言う人がいますが、理解が浅いです。
経済原論では、貨幣の必要条件が述べられております。
主に、下記の条件を満たせば、貨幣として認めれる条件が整っているとの事です。

1. 持ち運びに便利である。
2.変質・腐敗しない。
3.容易に均等に分割したり、合体させることができる。
4.保存に便利である。
5.多くの人が認める。

暗号通貨は、上記の5つの条件を、完璧に満たしております。
特に、3は、既存の通貨では、難しいです。
一万円札を、10分割しても、千円にはなりませんが、Bitcoinは、ここを完璧にクリアするし、保存にも強いです。
貨幣論から、暗号通貨を眺めると、非常に面白いですね。

さて、昨日から貴公子が認定する、暗号通貨の大本命、Rippleに火がついております。
これから、大爆発へと発展するのか(一週間で10倍とか)、それとも、小爆発で終わるのかを、注視しております。
Rippleの爆発度合いによっては、年内2000万円も達成可能かも知れません。

【ラン】 フルマラソン大会の結果です!

記事のアップが遅くなりましたが、今週、とても小規模なマラソン大会に出場したので、記録します。
非常に小規模であるので、身バレを防ぐ為にも、開催時期や開催場所を含めて、曖昧に書きます。

開催時期 : 最近
開催場所 : 東京某所
エントリーした種目 : フルマラソン 
天気 : 晴れ 

まず、集合時間に少し遅れて到着したのですが、到着して5分もしない内に、「スタート、3分前です。」とか言われて、少し慌てました。(スタート時間を勘違いしてました。)

ただ、逆に何も考える時間が無かったので、淡々とスタートしたのが逆に良かったかも知れません。
コースは、周回コースですが、アップダウンが激しく、あれはマラソンコースとしては、難コースだと思います。

特に、頑張って走った訳でも無いですが、最初の10キロを56分で通過です。(これは最初の10キロとしては、一番良いタイムです。)
また20キロ通過は、1時間55分程度であり、まあこちらもいい感じです。
「ハーフだったら、確実に2時間は切れるなあ。。。」とか思いながら、走っておりました。

いつも、22キロ位から、とてもキツクなるのですが、それもなく、25キロまでの5キロは40分と、まあ遅くはなりましたが、凄い悪いタイムでも無かったです。
天気も良いので、寒いどころかむしろ暖かく感じる位で、快適でした。

ただ25キロからの5キロはさすがにタイムが落ちました。
この5キロは、55分掛かりました。
心肺機能は大丈夫なのですが、「足が動かない。」と言う状況で、この5キロは辛かった。

30キロを、3時間半程度で通過です。
この頃から、またペースを取り戻し、30キロからの5キロは、50分強と多少なりとも、タイムを改善しました。
35キロ通過は、4時間25分位。
後、1周と思ったのですが、最後の周回に入る部分で、無情にも関門に出くわし(制限時間5時間のレースなので)、最終的には、37.195キロを、4時間50分程度で走り切りました。

勿論、完走できればもっと良かったですが、20キロを過ぎても大きく崩れなかった点と、30キロを過ぎてから、持ち直した点。
37.195キロと言う纏まった距離を走り切った点、また、レース後もあまり疲れなかった事、それと、先程も述べたのですが、アップダウンがきついコースであり、トレイルコースと言っても良い様な、難コースである点を考慮すれば、満足な結果です。
(まあ、貴公子にとって、制限時間5時間は、まだ厳しいですが、来年こそ、クリアしたいと思います。)

と言う訳で、90点を上げたいと思う。
来週、今年最後のレースのハーフに出ます。
今回のレースで、ハーフには自信を持ちました。
目標タイムは、1時間55分とします。

最後になりましたが、小規模大会は、仰々しくなく、シンプルで良いですね。
板橋シティマラソンに今年の春に出場した際は、最寄駅から大渋滞で、トイレも大行列でしたが、小規模大会では、レース開始の15分前に到着すれば十分だし、兎に角、シンプルで良いですね。
今後も、小規模大会を中心に出場しようと思います。

今年も少なくなりましたが、ランナーの皆さん、頑張りましょう!

【仮想通貨】 LTCが、2週間で4倍程度に上昇しております。

ライトコイン(LTC)と言う仮想通貨が、今月に入って、急騰しております。
月初では、1万円前後でしたが、本日(12/13)時点で、4万円を付けており、爆発とまでは行かないまでも、力強い動きです。

貴公子は、今年の夏から秋に掛けての4~5千円の時に15枚を、総額7万円程度で購入しているので、LTCだけで、50万円以上の純益が出ております。

LTCの月間チャート
Bitcoinと同じ感覚で使用する、通常の仮想通貨ですので(Ethereumの様な契約遂行用通貨ではなく、またRippleの様な金融機関決済用の通貨でもなく)、一度、火が付くと、楽しみな通貨ではありますね。

年末に向けて、10万円程度まで、上昇するかも知れません。

2017年12月12日火曜日

1997年の話!

貴公子が、初めて、PCを購入したのが、1997年1月でした。
購入したのは、Windows95版のデスクトップPC。(確か、メモリー32MB)
ソフマップで、モニターとキーボード、マウスと合わせて、18万円程度であったと記憶しております。
インターネットに繋がるのが、Windows95の売りであったが、所謂、ダイアルアップ接続であり、せいぜい掲示板にテキストを書き込むくらいで、E-mailも厳しかったですね。

ビジネスでは、まだ本格的に使える状態ではなく、せいぜい、一太郎と言う日本語用のWord Processorで文章を書いて、LAN経由ではなく、PCにダイレクトに接続されていプリンターから、印刷する程度が関の山でした。
要は、当時のPCはワープロの代わり程度であり、仕事で本格的に使うレベルでは程遠く、かなり先進的な企業でも、企業内メール程度が限界でした。
たった20年前の1997年は、この程度でありました。

その頃、よく言われていたのは、「IT技術なんてのは、大した発明ではない。」、「ゲームおたくとかには良くても、ビジネスで使うようなものではない。」と言う事でした。
また、2000年代初頭には、ITバブルが弾けて、多くのIT企業が潰れたりもしました。

しかし、その後の発展は、言うまでもありませんね。
2017年の現在は、その発展に拍車が掛かっており、IT産業の成長は留まるところを知りません。
20年前に、正確にIT技術の将来を見通していた人は、今や社会的かつ経済的に大成功しております。

そして、2017年の現在は、Blockchainとか仮想通貨が出てきております。
"Blockchain of  Everythings"と言う概念も出てきており、スマホ出現に匹敵する大爆発を起こす予感もあります。
そう言えば、スマホ出現の時も、「ガラゲーみたいに速く打てない。」とか「アジア人には兎も角、指の大きい欧米人は物理的に使えない。」とか、今から振り返ると、信じられない位の馬鹿な話が真面目に議論されておりました。

つまり、新技術は、常に過小評価される。」と思っております。


昨日から、シカゴ取引所で、Bitcoinの先物が扱われる様になりました。
先物相場も上昇しております。→ Bitcoin futures trading begins on CBOE exchange in Chicago
この事だけを取っても、Bitcoinが、まがい物ではない事は、ほぼ明らかと考えます。

更に言うと、Bitcoinに否定的な人は、「バブルだ!」とか下らないことを言うが、バブルと言われ続けて20年を超えた中国経済は、本当の発展期に向かっております。
つまり、「バブルも永続すると本物になる。」と言う証左です。

さて、本日の貴公子のBitflyerの残高です。
既に年末目標の1050万円を超えております。
どこまで、伸びるか楽しみです!
新技術を、これからも捉え続けたい!
12/11現在のBitflyerの口座残高

2017年12月8日金曜日

【ラン】 来週フルマラソンに、その翌週にハーフに出場します。

最近、仮想通貨の事ばかり、書いておりますが、久しぶりにランについて書きますね。
2015年のシーズンから、レース出場を開始しました。
以降、12キロレースを2回、ハーフを3回、30キロを1回、フルを2回(1回は35キロでタイムアップ)を走りました。

ただ、今シーズンは、10月に12キロマラソンに一度、出場しただけです。
年内に、もう少し走りたいので、今月は、2つのレースに出る事にします。
来週にフルに出場して、その翌週にハーフに出ます。

来週のフルは、制限時間5時間ですので、正直、完走はラクではないと思っております。
ただ、最初の半分を2時間10分、30キロ通過を3時間20分、40キロ通過を4時間40分で行ければ、何とか5時間完走も可能では? と言う感じです。

兎に角、今年は、公私ともに忙しくて、あまり走れていません。
普段のランニングでも、月100キロ弱が平均と言った感じで、全然、イマイチではありますが、今月のレースは、頑張りますね。。。

結果は、また報告します。

【仮想通貨投資】 Bitflyer年末口座残高目標、1050万円を達成! 

深夜ですので、簡単に書きます。
表題通りです。


You are Jackpot !




2017年12月7日木曜日

ブロックチェーンのEvangelist(伝導師)として、皆様に謝罪したい!

ビットコインは、本日、170万円を突破しました。
Bitcoin相場推移

10万円前後をうろついていた年初から、「年末には、100万円突破は固い。」と言い続けて、年初時点では、随分と、心無い人から嘲笑を受けました。(笑)
曰く、「相場を理解していない。」とか、酷いのになると、「移動平均線さえも理解できていない。」とまで言われました。

そんな中でも、強い確信をもって、「年末に100万円突破は固い。」と言い続けてきました。

しかし!
貴公子は、間違っておりました。
年末まで、まだ3週間以上もあるのに、既に170万円を突破しております。
これは、貴公子にとっても予想外の強さです。
「100万円突破!」とか、甘ちょろい事を言って、Evangelistとして本当に恥ずかしいです。
誠に申し訳なかったです。

ついては、貴公子は予想を上方修正します。
今年末、300万円。(当初100万円予想。)
2018年末、2000万円。(当初1000万円予想。)
2020年、3億円。(当初1億円予想。)

今後とも、恥ずかしながら、Evangelistを名乗ります。
よろしくお願いします。

【仮想通貨投資】 経済学が人生に於いて、初めて生きた! 

貴公子は、経済学部出身です。
今では信じられないでしょうが、バブル末期の1990年代初頭には、日本全国で経済学部は、もっとも人気のある学部であり、非常に難関でした。
貴公子の母校の慶応経済も、当時は、東大や京大の「一般学部」よりも、難関と言われていた位です。

ただ、実際に慶応経済での勉強は、超退屈でした。
マクロ経済は国際経済を俯瞰するとう言う意味で兎も角、ミクロ経済なんて何の役に立つのか分からなかったし、ましてやマルクス経済学なんて、無意味に思えたものです。

流石に、大学3年時には、「このままではマズイ」と思い、金融論と言う、如何にも就活に役立ちそうなゼミを選択し、目出度く、「拓銀」に就職できましたが。(笑)
兎に角、その位、経済学と言うのは、実社会に於いて、役立たずでしたね。。。。
その後の人生で、役に立ったのは、USCPA試験の時ですね。
これが、唯一の慰めですね。

しかし、ここ最近、改めて、思います。
「経済学を学んでいて良かった!」と。。。。
理由を説明しましょう!

=========
経済学部では、マクロ経済やマルクス経済学を勉強しますが、その中で、「貨幣論」と言うのを、非常にしつこく勉強します。
つまり、「貨幣とは何か?」とか、「貨幣の歴史」です。
超退屈で、授業中は殆ど寝ておりましたが、流石に、あれだけしつこく授業で取り上げられれば、頭に少しは残ります。

今、貴公子はIT業界の最先端にいますが、あれだけITに詳しい専門家でも、「Bitcoinは、円とかドルと違って、どこの保証もないから、ダメ。」と言う人ばかりです。
確かに、「貨幣論」を学んだ事を無い人は、そう感じるでしょうね。

ただ、少しでも「貨幣論」をかじった人は、「円とかドルだって、何の裏付けもない。」と言う事が良くわかっております。
日銀は印刷機をすれば、いくらでも流通量を増やせるし、実際に、第一次大戦直後のドイツでは、卵1個を買うのに、リュックサック満杯のドイツマルクが必要な事もありました。

貨幣と言うのは、みんなの信用によって成立します。
逆に言えば、みんなが信用さえすれば、何でも「貨幣」になります。
太平洋のある島国では、20世紀になるまで、貝殻が「貨幣」として、流通しておりましたし、ソビエト崩壊時の1990年初頭では、ルーブルが信用力を落とし、その代わりに貨幣として流通したのが、赤のマルボロです。(米国のタバコ)
「マルボロ 画像」の画像検索結果

ガソリン20リットルは、赤マルボロを1カートンとかです。
マルボロには、赤と黒があるが、当時のソビエトでは、赤でないとダメでした。

貨幣とは、そういうものです。
皆が認めれば、明日から、ペコちゃんキャンデーが、「貨幣」として、流通することだって有り得ます。
この理屈が、「一般の人」は理解できないから、「ビットコインはダメだ!」と言う事になってしまいます。

逆に言うと、貴公子は、ここだけは理解していたので、ビットコインの可能性を瞬間的に理解できたのです。
ビットコインの凄い所は、コンピューターシステムが、発行上限をプログラム上で決めている部分です。従って、日銀券の様に、「安倍政権を忖度した日銀」が好き勝手に印刷することが出来ません。
ここがポイントです。

さて、Bitcoinは、昨夜から急騰しました。
先程、1Bitcoinは、175万円を突破しました。
何と、前日比で142万円のプラスです。


これに伴い、貴公子のBitflyerの残高は、とうとう、1000万円を突破しました。

「貨幣論を、学んでいて本当に良かった。」と今だからこそ、言える!

ありがとう、経済学部!








2017年12月6日水曜日

【仮想通貨投資】 MONAコイン、爆発しております!

Monaコインですが、ここ1週間で、5倍程度に上昇したので、小爆発したと言って、良いと思います。
1週間のチャートは、こんな感じです。

Monaコイン、直近1週間の動き
貴公子は、このコインの事は、国産コインでアキバオタクに支持されていると言う程度の理解しかなく、良く分かっておりません。
よって、133枚しか保有しておりませんが、5~6万円で先月購入した分が、既に総額で30万円を超えている訳で、まあ、悪い投資ではなかったと思っております。

12/6現在のBitflyerの残高
一方、Bitcoinは、再度、上昇を始めております。
既に145万円付近まで上昇しており、今夜中にも150万円を突破しそうです。
ついては、貴公子のBitflyerの口座残高は、前日比で60万円を超えており、890万円となっております。
年末目標は、1050万円なので、残り18%の上昇率で、目標に達します。
仮想通貨の世界では、一カ月弱で18%上昇と言うのは、かなり余裕です。
近々、年末目標を、上方修正するかも知れません。。。

では!

意志の弱さに自己嫌悪を感じる。속도전(速度戦)だ!

 속도전(ソクドチョン)と言う単語は、Democratic People’s Republic  of Korea(敢えて、北朝鮮とか北韓とは言わない。)で、多用されます。
漢字で書くと「速度戦」と書くが、ハングルの속도전の方が、クールな響きがありますね。

IT技術の進展も、超高速であり、一般社会とは時間軸が違います。
最近、よく言うのですが、IT社会の一週間は、『シャバ』の1年分位の時間感覚です。
兎に角、動きが速い。。。。

最近、我が国の銀行業界は、リストラの嵐ですが、製造業とか流通業では、慢性的な人手不足の中で、この対比は、際立っております。
みずほが構造改革策を発表、1.9万人削減へ

この好対照には、理由があると思っております。
Fintechに象徴される様に、金融と言うのは、非常にITと相性が良いです。
よって、「じぶん銀行」なんかを見ていると感じるのですが、極端な話、サーバ1台あれば、支店も銀行員もほぼ不要になります。

一方で、物流とか機器メンテと言ったアナログな部分が残っている製造業は、そうは簡単に、ITに全面置き換えは出来ません。
最近になって、製造業務向けのITとしての『IoT(Internet of Things)』が騒がれておりますが、IoTビジネスの最前線にいる貴公子にとっても、まだまだ世間的に実証実験レベルの域をでませんね。。。
それ位、製造業や小売業は、金融に比べて、IT的に複雑です。

さて、IT技術の中で、これからますます重視されてくるのは、アプリ開発だと思っております。貴公子も、ここ数年は、それなりに独学で頑張っては参りましたが、はっきり言って、まだ「見えて」きません。
どんなことでも、「大枠、理解できた!」と言う域に、ある日、突然、到達する事があるのですが、アプリ開発に於いては、そのレベルに達しませんなあ。。。。

そんな訳で、속도전(速度戦)です。
今年も、まだ3週間あります。
속도전(速度戦)で、今年こそ、仕上げる!

最後に、仮想通貨投資です。
12/1の残高が735万円で、本日が835万円ですから、4日間で100万円の純益です。
4日間の上昇率は、13%強です。
これが、IT速度だと思っております。(シャバの株式投資では、一年で10%の利益が出れば、良い方ですが、仮想通貨では、それを1週間足らずで実現します。)
シャバとは、スピード感が違います。
12/5のBitflyerの残高です。



 

2017年12月3日日曜日

ITの世界の1週間は、「一般社会」の1年に相当する!

H.I.Sが発行する仮想通貨テンボスコインの記事が、日経スタイルに出ておりました。
ポイントは、純金50億円分を担保とした史上初の金本位制の仮想通貨です。

出だしはこんな感じです。
>大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)やハウステンボス(長崎県佐世保市)を
>率いる沢田秀雄氏は、ジャスダックに上場する沢田ホールディングスという持ち株
>会社の会長でもあります。
>その傘下や関連会社には、モンゴルのハーン銀行や外国為替証拠金(FX)取引を
>手掛ける外為どっとコムなどがあり、沢田氏は金融分野でさらに手を広げる構えです。>今回はハウステンボスで実証実験を始める独自の仮想通貨「テンボスコイン」と、
>それを足がかりにした旅行と金融の融合ビジネスへの挑戦について聞きました。

H.I.Sは、記事にもある様に、モンゴルやキルギルでも銀行業を展開しており、急速に金融業にシフトしております。
以前も書きましたが、ITがこれだけ発達した時代では、金融業は、物流管理や製造管理が伴わない製造業よりも、遥かに参入がラクだし、業務自身も単純です。
その事を、非常に多くの人が、気が付いており、異業種からの参入が止まりませんなあ。

また、H.I.Sが、ブロックチェーンを駆使する事で、ブロックチェーンが一般的に広まると思うので、Evangelist(伝導師)の貴公子としては、大歓迎です。
H.I.Sには、頑張ってい欲しい。

さて、12/1の時点で、735万円と報告したBitflyerの残高ですが、この週末で800万円台を回復しました。
丸2日間で、上昇率9%弱で、純益65万円となります。
12/3現在のBitflyerの残高

年末残高は、1050万円目標です。
後、20%強なので、もう少しですね。

尚、ブロックチェーンや仮想通貨は、ITの世界の話なので、「一般社会」と時間軸が違います。
こちらの世界では、「一般社会」の1年分の動きが、1週間くらいで起こります。
従って、「1カ月で20%の上昇なんてありえない。」と考える貴方のマインドセットそのものが、実は、非常に古いと思っております。

ITの世界での1カ月は、「一般社会」の数年分に軽くなるので、12月末の1050万円は、十分に有り得ると思っております。

2017年12月2日土曜日

5月の段階で、今年の流行語大賞を当てた!

師走になりました。
今年は、色々な意味で、貴公子的に当たり年です。

例えば、本年5月にこういう記事を書きました。
→ 今年の流行語大賞は、「忖度」で決まり! 風見鶏大賞は、菅義偉官房長官だ!

そして、本日の産経新聞の記事によれば、今年の流行語大賞は、「忖度」となったそうです。→ 新語・流行語大賞に「インスタ映え」「忖度」 産経新聞「魔の2回生」もトップテン入り

流行語まで、当てましたね。。。
しかも、5月の段階で。。。。

これだけの当たり年なら、もっと攻めないともったいないですねえ。。。

そんな訳で、年末は、Seoul郊外のWalker Hillホテルに家族で宿泊して、貴公子は、併設のParadise Casinoでポーカー三昧の日々を送ろうと思っておりました。(妻と子供はプールか何かで遊ばせて。)
ただ、残念ながr、その予定は諸般の事情で流れましたので、別の事を考えないといけませんねえ。。。。
因みに、Paradise Casinoのサイトはこちら。→ http://www.paradisecasino.co.kr/paradise-casino/walkerhill?lang=ja

有馬記念ですかねえ。。。。
あるいは、年末ジャンボか!!!
兎に角、師走です。
気合を入れましょう!

2017年12月1日金曜日

【仮想通貨投資】 11月の運用成績を公表します。

11月29日から30日の未明に掛けて、Bitcoinは急騰し、1Bitcoinは一時的に130万円を突破し、それに伴い他の通貨(アルトコイン)も急騰し、貴公子の残高は、瞬間風速で、830万円を突破しました。

しかしながら、11/30朝に、Bitcoinは急落し、一時100万円を割り込むなど、ジェットコースターの様な動きになり、その際は、貴公子の口座残高も、600万円前半まで、落ち込みました。

11/30午後から、持ち直し、それ以降は、現在まで110万円台で、「安定的」に推移しております。12/1時点の口座残高は、下記の様に735万円となっております。
12/1のBitflyerの残高
下記の金額推移は、Bitflyerの口座残高のみです。
5/30、185万円。(前月比)
7/1、320万円。 (+135万円)
8/31、400万円。 (+80万円)
10/1、362万円。 (̠△38万円)
11/1、473万円。 (+111万円)
12/1 735万円  (+262万円)


図に書くと、こんな感じでしょうか???



11月は、月間過去最高益(262万円)を叩き出したし、前月比増加率でも60%近く出したから、
まあ良しとしましょう。262万円なら、ベンツAクラスなら、買える金額ですね。笑
また、Bitcoinが、130万円をヒットすると、貴公子の残高は、800万円台中盤に行くことも分かったので、その意味でも収穫はありました。

さて、年末残高目標ですが、1050万円とします。
年末にBitcoinは150万円。ETHは8万円とするとこれだけで、850万円近くになります。
これ以外のアルトコインで、200万円とすると、まあ実現可能と思います。

では、良い週末を!